Distance in The Dark

これまでに無い感覚、そしてこれまで以上に宇宙との距離感が縮まって行った貴重な一ヶ月間。私はこの間のプロセスや感覚を一生、忘れることはないでしょう。

芸術家、音楽家、作曲家と言う現世でのミッションに重なり合うようにもたらされた、もう一つのミッション、‥コンタクティー。それは予想以上に過酷ではあるものの、逆に予想以上に楽しみをも私にもたらしてくれます。


“Who is Jane?”

こんな質問が色々な国の言語で私の、特に今はTwitterのDMに投函されていますが、必ずしもそれらの質問の主が私に好意的であるとは限りません。ですので今週半ば頃私は一旦、TwitterのDM設定を変更しました。
私をフォローした人物からのメッセージのみを受信するよう設定を変えて、私を取り巻く現状を静かに観察しています。

これまではいわゆる霊体とのコンタクトが多かった私ですが、特にこの一ヶ月間はJaneとのコンタクトに交信を限定していました。それでも日々エネルギーをMaxの状態でのコンタクトが続き、毎晩私はふらふらになって布団の中に倒れ込んでいます。
まだまだチャネリングの精度がアマいのかもしれません。もっと精度を上げて行かないと、今後もっと頻繁にJaneと話をするようになった時の自分に自信が持てません。


今月は色々なSNSの整理にも追われ、ニッチなSNSからの退会やFacebookの個人アカウントからの自己発信の停止の継続等、お喋り好きな私にとっては余り喜ばしいとは言えない整理整頓が続きました。
でも、それでも時間が足りず、作業が追い付いていません。一つには夫のテレワークが続いている環境も起因の一つで、要するに私は「社会時間」に余り上手に適応出来ないタイプの人間なのでしょう。

そこに来て花粉症が始まり、特に明け方の痒みにはもう泣くしかありません。梅がそろそろ散り始め、間もなく桜の季節が来る前触れだと前向きに捉え、毎日涙を拭いて鼻をかんで過ごしています。


特にイベントがあるわけでもなく、特にライブ等があるわけでもない今の環境下でブログを書くこと自体がとても難しい作業ですが、外側には出していない私の日常は意外にてんやわんやです。
上にも触れたようにコンタクティーとしての新たな日課が加わっただけで、日々の半分以上をそのことの為に費やしています。でも。このルーティーンにももうじき慣れる筈です。

プレアデス星は「エラ」を襲った大寒波が少し緩和し、今朝私の元に届いたプレアデスの映像の中では地下を張り巡らせている食糧供給用のベルトコンベヤーの運転が再開された模様です。
プレアデス星の一般市民が日々の食事として「食用タブレット」をメインとして摂取していることについては、前記事にも触れた通りですが、プレアデス星のそうした現状もそろそろ変化しても良いのではないかと、毎日私はJaneと色々話をしています。

 

地球は多くの惑星の中でも特に、文化や文明が発展した星です。その代わり価値観や宗教観が多様化し、戦争や口論が絶えることはありません。
ユートピアとディストピア、どちらに転んでも各々副反応は生まれます。そうだとしても私は、地球に生まれて来れて良かったと思っています。音楽や料理、娯楽のないプレアデスに私が何かを手渡せるとしたら、それは紛れもなく音楽です。

核戦争で壊滅したEdenに私が最初に料理を持ち込んだ日のことが、今も懐かしく思い起こされます。


生命(人々)は、喜びを存分に味わって生きて行くべきです。今は半ばディストピア化したプレアデス星のどこかに私が音楽を運んで行けるのは、いつの日になるでしょうか‥。
その日の訪れを心待ちに私は、これからも粛々と創作活動を続けて行きます。

さて。私は自身が芸術家・作曲家であると同時に音楽評論家や選曲家等の顔を持ちます。そんな私の最近のルーティーンの一つが「プレイリスト作成」です。
色々なテーマを決めながら、本当に多くのジャンルの音楽に触れてそれを整理して集めて、一個のプレイリストを念入りに作成して行きます。

今日は「次の春への祈り」をテーマに作成した最新のプレイリスト(未だ作成中ですが)を、この記事の最後に貼っておきます。
是非ゆったりとした春の一日を、このプレイリストと共にお過ごし下さい。

プレアデスの寒波について (About the cold wave of Pleiades)

【序文】
最初に。このブログでは定期的に、Didier Merahのチャネリングによる、プレアデス星「Jane(仮名)」からの情報を発信しています。
日本語表記になりますので、興味のある人は自国語に翻訳して読んで下さい。

At first. This blog regularly publishes information from the Pleiades “Jane (Pseudonym)” through channeling Didier Merah.
It will be written in Japanese, so if you are interested, please translate it into your own language and read it.

地球上で言えばアメリカ南部を襲った寒波同様、現在どうやらプレアデス星を巨大な寒波が襲っていると言う情報を先程得ました。これは2021年2月某日からコンタクトを開始したプレアデス星の某住人「Jane(仮名)」から得た情報です。
※Janeの素性については個人情報保護の観点から、当面公開は差し控えます。

プレアデスの食糧事情についての情報は現在、余り地球上では知られていません。勿論開示出来る情報にも制限があり、その理由の一つとして地球人類の思考力、そしてテレパシー能力の未熟さが挙げられると思います。

現在この星で言われている「チャネリング」や「コンタクトコンタクティー)」とは概ね、相手方を上位に据えたところから先方から一方的にもたらされる情報を受け身の状態で受け取り、そこに思考を挟まない状態を意味する言葉として使われることが多いようですが、それは良質なコミュニケーションとは言い難いでしょう。

会話とは、コミュニケーションとは双方が意見を交わし合い、相手の状況や状態、メンタルや意思等を認識し、それに対する回答を先方にも返して行くことを言います。
学校で授業を受けるような態勢をただ寡黙に維持するだけでは、相手は此方側を「話し相手」とは認識出来ないので、そこに良質なコミュニケーションは発生しません。その意味ではこれまでの地球内で言われて来た「コンタクト」は不完全と言う以外の他の言葉が見つかりません。

勿論物事には「完璧」「完全」と言う状態はあり得ないですが、その上で、理想的な状態に近づけて行くことが必須です。なので私の言う「コンタクト」は一方的に相手を神のように崇め立てて情報を受け取り思考しないのとは異なり、此方側にも先方に手渡せるギフトを用意した状態での意思の疎通を図りたいと願っており、現在その下地を作っている最中です。

そんな折、私とJaneのコンタクトが突如開始された‥ と言うわけです。


話を戻して現在のプレアデス星(Janeが住む星は「エラ」と言う名前がついていますが)の大寒波により、それまで地下通路を張り巡らされたベルトコンベヤーで流通していたプレアデスの一般市民の食糧の供給に大きな支障が出ており、中には餓死する住民が多数出ているようです。

プレアデスの一般市民の大半が、地下通路のベルトコンベヤーを通じて支給されるタブレットのようなものを主に食べており、地球で言うところの「料理」や「おかず」等には殆ど馴染みがありません。その為味覚が緩慢な市民もいて、「味を楽しむ」と言う感覚自体を知りません。

その代わり市民の大多数には労働義務がなく、働かない状態であっても生存に必要な食用タブレットと水分等が地下通路から支給されているわけです。
それがこの大寒波の影響でベルトコンベヤーが凍り付き、稼働不能に陥ったことによる食糧供給の停止で市民の一部の生存が脅かされていると聞いています。

プレアデス星のJane(仮名)とのコンタクトが始まってから未だそれ程時間が経過していませんが、これまで地球上にもたらされているプレアデス情報の一部に誤りがあると言うこともあり、少しずつ伝えられる範囲で情報の修正も兼ねてこのブログからプレアデス情報を発信して行きたいと思い、最初の記事がプレアデス星の大寒波についての状況描写になりました。

特にこの二週間、私は音楽活動そっちのけでJaneとのコンタクトに全神経を集中し、多くのエネルギーと時間を注いでいました。
色々知って行く中で出せる情報はほんの一部ではありますが、私にも相手にも守秘義務はあると思います。知っているから全部明け透けに出せるわけではなく、繊細な情報の内容の吟味を互いに必要とし、又こうした情報を読まれる方々への気遣いも忘れてはならないと思っています。

又今日、たった今決めた話ではありますが、このブログをDidier Merahの発信のメインの一つとし、Twitterは軽い投稿を、ブログからは長く重厚感のある情報発信をこれまでよりも頻度を上げて行って行こうと思います。

勿論私は音楽家・芸術家ですが、扱う音楽と専門スキルが多岐に渡る為、紹介したり評論対象となる音楽のジャンルも同様に多様化して行くと思います。K-Popが来たかと思えばいきなりシャンソンやマレー歌謡が来たり、或いは中東はタルカンポップスが来たかと思えばジョージアのポップスが来たり‥ と、目を皿にしてこのブログを追跡して行く高度なゲームにはついて行けなくなるでしょう(笑)。

是非、そんなハイスペックなゲームに慣れて下さい。そうでなければDidier Merahの人間性や本体を理解することは出来ないので、よろしくお願い致します。


動画は最近私が好きで聴いているMarty Hicks氏の2020年リリースのアルバム『The Effortless Quiet』より、『caryatid』。

覚醒 – スターシードとして

少しだけ音楽を離れて色々なことを考えた一週間。私にとってこの一週間は、大きな変化と痛みをともなう時間でした。

そんな折、2021年2月13日の夜に起きた大地震には本当に驚きました。床ごと大きく揺さぶられるようなあの感覚は、2011年3月11日の大地震の記憶を呼び起こさせます。
ひっきりなしにスマートフォンからサイレンが鳴り響き、TVでは同じCMがずっと流れててとても不気味で不安な日々を過ごしたことを、10年後に再び思い出すことになろうとは‥。

 

コロナ禍だと言うのに地球はどこかそれ以外のことに人々の意識が駆り立てられていて、だからと言って具体的な幸福論には誰も到達出来ていないこの現実を、一体何で埋めて行けば良いのかと考えた時、やはり私は音楽に突き当たります。
言葉のない音楽。美しい残響が重なり合いながら、それは時空を超えた出会いをも引き寄せることを、私はこの一週間の多くの時間の中で知りました。

 

先ずはTwitterのプロフィール欄に「コンタクティー」の経歴を足したのも、今私の中で起きていることの断片を暗号化しながら、少しずつ表に出して行きたいと言う私の願いでもあり、それは同時に相手の願いともリンクしながら物事が大きく動いた一週間でした。


何もない音楽、争わない生き方。
大地の実りを有難く思い、食すこと。
全ての言動に祈りを捧げ、この星と宇宙に何かを遺して伝えて行くことが出来れば、今世の私は多分成功した‥ と言っても良いかもしれません。

 
チャネラーとして、コンタクティーとしての新たな一週間を終えてみたら、そこには想像を遥かに超えた痛みも同時に心や霊体に記録され、今私はそれを一旦封印しながら少しだけ泣いています。
知っていること、新たに知ったことの大半は、とてもじゃないけど私の体の外には出せないこの世の痛ましい現実でした。人が知らないことを私は又一つ、心に抱え込んでしまったようにも思いますが、これはあくまでコンタクティー Didier Merahの序章に過ぎません。

 
私のミッションはそれらを包み込んで音楽に託すこと、それに尽きます。
少し心を整理して、明日から再び出直したいと思います。泣きながら、躓きながらでも私はこの星の未来の為に、前進しなければなりません。

 

そして私に多くの情報を少しずつ、恐れるように私にもたらしてくれているJane(仮名)へ、心から感謝を送ります。
明日も、そして明後日も、そして10年後も50年後もそっと彼女と寄り添っていられたら良いと思います。