自然神からの警告

24時間テレビ番組にフジロック‥。

人類が緊急事態宣言下にあり、自然神からの厳しい謹慎生活ないしは自粛生活を言い渡されている最中に、なぜここまで不謹慎なイベントを開催出来るのか?

だからウィルス・パンデミックを主軸とした人口削減計画が、止まることなく進んで行くのです。

要らぬ欲望や衝動をかき立てて、『あの頃は良かった』等と悪しき過去を思い出させて、結局やりたいことは消費(浪費)衝動の煽りでは?

地球は寝不足に陥っているのです。
そんな危機的な状況に陥っている地球にロックやらジャズ等、一切不要。
祈りを持たぬ音楽は、今すぐ全滅させるべきです!

無音の平野、自然音だけの安らかな世界に先ず、地球を戻してあげるべきです。


娯楽や爆買い消費や旅行等を目的地とした空の移動等全て禁じて、今やるべきことは兎に角地球に無限の休息をもたらすこと。
人類が為すべきは、ただそれだけてす。


いい加減、人間どもは目を覚まし無休の反省行動に努め、慎み深く静かで厳かな生活にシフトしなさい。

Human Issues – 人類の課題

miguel-bruna-G31zRdTdZEA-unsplash

 

多くの現代人の意識は、眠ったまま生きています。肉体は確かに僅かな思考と身体的な行動を繰り返していますが、意識は過去の死の後から長い長い眠りの中に在ります。

超能力やテレパシー等、シュールな感覚が開かないのはその人の意識が眠ったまま肉体だけが生きているからだと、天野玄斎氏は唱えています。私も同様だと思います。

 

私の住む街にたった一軒だけ、浅煎りの豆で美味しいコーヒーを淹れて飲ませてくれるカフェがありました。これから長いお付き合いになると思い、いつもわくわくしながら通い続けていたカフェと先日、永遠の別れを決めたわたくしたち夫婦‥。
ウィルス・パンデミックのさなかにも常に店を開け、世の中に戦いを挑むように営業し続けて来たカフェで先日、窓からネズミが侵入しました。その数分前にもコーヒーに加える生クリームが固まったままになっており、ふと衛生面に不安が過った直後の出来事でした。

 

最初夫が窓からチョロチョロとカウンターを伝って来たネズミに気付き、二人して悲鳴を上げましたが、店主はちらりと此方を遠くから見ただけで何が起きたのかについて確認すらしませんでした。

レジでお金を払う時に夫が遂に口を割り、窓から侵入して来たネズミの件を店主に伝えたものの、「はぁそうですか。ま、色々事情がありまして。」とだけ言うとポロっと数枚のコインを夫に手渡しただけでヘラヘラ笑って店を追い出された格好になりました。

 

もう二度とこの店に行くことは無いと、私と夫は無言の会話で互いの意思を確認し合いました。

 

危機意識‥

私たち夫婦は常にこのアンテナをしっかりと張り巡らし、お互いに命をいかに長く使い続けるかについて考えながら生きています。なぜならば私たちにはこの世で絶対にしなければならないミッションがあり、その為に何度も何度もこの星に戻っては生きて来たからです。
夫は元々生きて行動する生命の属性を持たないので、夫はその夢や祈りを実現する為の「生きた生命体」を長年探し続けながら転生を繰り返していたように思います。

そして私と言う音楽家・芸術家に出会ったことで又、私も、夫も、それぞれが思い描いて来た夢を少しずつ実現させる為に日々考え、限られた時間の中で出来る作業を粛々と進めています。

 

そもそも音楽家やミュージシャンは、特に女性の場合はルックス重視と言われ、多くの女流音楽家たちがその悪しき壁に阻まれながら夢を諦めて来た経緯があります。
男尊女卑の世界はここ、音楽界の中にも脈々と在り、女性は美貌の事情で売れたり消えたりするものだとずっと誰もが考えて来ました。

 

女性の美貌は作品自体にも大きく影響し、その時々の女性の美貌に相応しい音楽がアーティスト側への課題として突き付けられる、おかしなルーティーンがこれまでは当たり前のように続いて来ました。

そんなルーティーンが、このウィルス・パンデミックによって打ち破られようとしています。

 

これは私にとって極めてこの上ない幸運であり、やっと私が等身大で芸術家として生きられる時代が訪れたのだと私は何故か、この事態をとても前向きに受け止め、そしてこの10年間続けて来たのと全く変わらぬ創作活動をこのコロナ禍の中で継続しています。

 

alenka-skvarc-hUl4BrFKJEo-unsplash

 

この世界に今、どのくらいの預言者やチャネラー、コンタクティーと呼ばれる人たちが居るのでしょうか?その中に、この地球と言う星の意識とコンタクトが可能な人材は、どの位居るでしょうか?

 

ラッキーアイテムを手にしたり、特定のスピリチュアリストが考え出した亜流の呪(まじな)いを唱えるだけでウィルスと決別出来る‥ 等の文言をこの数か月間で大量に目にして来ましたが、それがあくまで人間の私利私欲に基づく悪い願望であることをもしも私が口にしたら、「そんな芸術家が作り出す音楽など聴くに値しない。」等と言うヘイトスピーチが飛んで来そうで、なかなかおいそれと真実を露出出来ない日々に私は悶々としています。
ですが、それこそが現実です。

地球と言う星に意思があることを知れば、今地球が私たち人類に何を突き付けようとしているのかについても、比較的容易に理解出来る筈です。

 

 

なるべく早い段階で、地球は原始に還ろうとしています。

その為に何をすべきかについて長い時間を掛けて思い描き、そして意識ごと立ち上がったその瞬間が「今」のこの現状だと言っても過言ではないでしょう。

 

私が人類の一員ではなければ、今直ぐにでも地球の思いを現実の形として提示してあげたいところですが、如何せん私も人。生きて為さなければならない事の為に、この星に生きています。

ならばそんな弱り切って、そして怒りに震えている地球の意識とコンタクトし、共存の道を模索出来ないかと‥、誰にも言えないこの課題に今真剣に、夫と共に向き合っています。

 

 

 

私たち人類は多くの娯楽や祭り、旅行や観光等を通じて水陸を含め地球全域の環境を食い荒らして来た経緯があります。

勿論その業界に生きる方々にも生きる権利があり、職を得る権利があるでしょう。でも地球は今、そうしたこれまでの慣例自体に嫌気がさし、全てを根底から打ち壊そうとしています。

そして地球は今、無期限の静寂を得ようと強く願っています。

 

私たち人類の祖先は、リラ星人だったと言われており、私はそのリラ星の最期を見届けた数人の巫女の一人でした。
リラ星にも明確な意識があり、それは神の声のように時折音声として私の脳裏にその声を届け、赤裸々な星の思いを伝えて来ました。

 

今地球がその状態に在ります。

 

経済を回そうとか、各々の業界を再度活性化させようとか、そんな声が地上の電波やSNSを通じてひっきりなしに聞こえて来ますが、地球自身がおそらくそれを許さないでしょう。
自分が生まれた時の状態に、地球自身が自分の手で、全てをリセットしたいと願っているのです。

 

多くの人類が篩に掛けられ、意識を覚醒させながらこの地球で粛々と必要にて十分な仕事をしている人類だけを、地球は選んで残すでしょう。

利他的な心情から作業や仕事を続けている人類を、地球と言う星は必要としています。

 

私は金銭とか経済とか、そういうものからはとんとかけ離れ、突き放された人生をずっと歩んで来ましたが、その中でもどうしても捨てられないものだけを心に持ち続けることで生き延びて来ました。

それを心に描いていると、不思議と食べること、必要最低限雨風を凌ぐ空間には何とか見放されずに今日を迎えています。
今の夫との出会いや生活を維持している事そのものが私にとっては神からのギフトであり、正直夫と音楽とうさぎが居れば他に欲しいものはありません。

 

せめてもう少しだけお料理がしやすく、出来ればピアノが一台設置出来る部屋に引っ越せれば、それで私の物欲は大方満たされます。

おそらく地球と言う神は、そんなスペースであればそう遠くない将来、私たち夫婦に与えてくれると確信しています。そして多くの神々や視えない人たちと共に、手作りの美味しい料理を囲んで神人共食の時をそこで持ちたいと思います。

 

切っ掛けはウィルス・パンデミックではあれ、多くの文化や産業の要らない部分がごっそり根こそぎこの世界から消滅するに違いありません。
これまで快楽的に生きて来た一部の人類が生き方を改めない限り、地球自身がそんな人類をごっそりまとめてどこか別の世界に移動させて行くでしょう。

願わくば私と夫はその先の地球をこの目で確認したいですし、あと数回はこの星に戻って命をやり直すことになりそうです。