永遠の闇 [夜活]

残暑の空に、風の歓声が上がる。
纏わりつくような闇を、音もなく転がり落ちる壊れた秒針。
 
一体誰が、この祭の始まりを歓迎すると言うのだろう。


がらんとした街角に佇む僕と、猫。
遠い始まりを懐かしむように地球がそっと目を瞑る。さざ波が止む。
 
全てが終わりそうな、夜の始まりに。

 

魂の帰還 [朝活]

名もない星が一つ、地上へと降りて行った。
神々から許可が下りたので、もう一度そこからすべてをやり直したいと彼女は云った。

若い夫婦が住む家。そこは百年前に最後にいた場所。 

 

 

誰かの記憶が溢れ出て、若い母親の頬をとめどなく伝い降りて行く。

もうすぐ彼女が還って来る。