スズランの季節

スズラン

 
2020年4月30日、私のニューアルバム『World of Nature』がSpotifyやApple Musicをはじめとする世界中の各プラットホームから一斉にリリースされました。
この世界の闇のど真ん中にアルバムリリース…、本当に不思議なタイミングですが、今回は色々な準備が大幅に遅れたにも関わらず希望のリリース日時を一秒たりとも外すことなくこのアルバムが日の目を見ました。

 
世界は自粛の闇の中。既に私は2020年の2月の初旬頃から自粛のペースに入って行ったので、かなり長い期間の自粛生活を送っていることになります。
ですが時を追う毎にこの自粛が本当に意味のある事なのかどうか、私は頭を悩ませていました。

 
多くの知人や友人に私は、カビの自然神から直接聞いた話を伝えて行きましたけど、多くの人たちの反応はとても冷たく冷ややかでした。ですがそれらの反応もある意味今後の人間関係に於ける大きなヒントともなり得るので、気持ちが落ち込む中でも私は極力クールに現実を受け止め、受け入れるように努力して来ました。

 

この自粛生活の中で特に私が注意深く観察していた事の一つが、飲食店の在り方についてでした。
考えてもみればどれだけ強行的な自粛生活に至ろうが、人間の胃袋の数は変わりません。なのに多くの飲食店が「政府の要請を受けて…」と言う理由を掲げながら店舗の休業と言う道を選択した光景には、実はかなり驚きました。
それまで普段とても親しくして来たお店の中にも長期休業を選択した飲食店が多数現れ、その度に私はそうした店舗の在り方に大きな不熱心さを感じずには居られませんでした。

 

言い方は乱暴かもしれませんが、「政府の自粛要請を受け…」と言って店舗を閉める事はとても簡単な事です。収益を得られないのだから店を閉める…と言う選択肢。
飲食店としてこれはどうなのかと言う疑問が真っ先に立つ中でも私は、やはりCOVID-19に感染された方々や犠牲となられた方々を思うと容易に自分の心情だけを口にする事は出来ませんでした。

 

思うことを口に出来ないだけならまだしも、カビの自然神から伝え聞いたことをありのまま人に伝えられない事が本当に辛く、尚且つ人間は本来持っている筈のシュールな感覚(例えば直感力や超能力、チャネリングの能力等色々…)がここまで閉ざされ、そしてそのような感覚を外側に出す人を蔑み軽んじる傾向がこんなにも強いのかと言う現実に、心から胸を痛めました。
ですが思えば情報とはそれを必要とする人の元にだけ届けば好い… と言う考え方も出来ますから、私は今後も重要な情報はこうしたブログではなく note と言う記事の販売を兼ねたSNSの中にそっと閉じ込めて、各記事を有料配信して行くのがベストだと思っています。

 

この長い自粛要請中に店舗を閉めて、テイクアウトもなくデリバリーにも対応しなかった飲食店を私は一軒一軒心の中に書き留めました。逆にこの期間の中、店を開けてあの手この手を尽くして労働者の胃袋を何としてでも満たそうと、採算度外視でがむしゃらに頑張っていた店舗名も同時に私の中に在ります。

 

新型コロナウィルスは、空気感染及び微粒子感染によって拡散しています。

どんなに三密を避けて家の中に引き籠ろうが、pm2.5は日々空気を伝って大量に降り注ぎますし、黄砂に付着した新型コロナウィルスは容赦なく私たちの窓辺に大量に在ります。
換気をする際にも私は窓辺にアルコールを噴射して出来る限りの防疫対策に努めてはいますが、それも暖簾に腕押しと言っても過言ではないでしょう。

 

今日、久し振りに私は我が家のカビの大掃除に着手しました。何故今日までそれが出来なかったかと言うと、カビがCOVID-19のウィルスをとても好むのだと、カビの自然神から直接聞いたからでした。
でも流石にこのままカビを放置しておくのは人体に好くないので、今朝から少しずつカビの大掃除を始めたところですが、今のとこと私たち夫婦は時折お腹を下すことを除けば至って元気に生活出来ています。

 

新型コロナウィルスの騒動を介して私は、私自身を知人や友人がどういう目で見ているのか… と言う事を注意深く一つ一つ観察して居ました。
そして各々の心の中に意図的に私の成長を止めてしまったり、或いは私の話など軽く受け流しながら私と関わろうとしている友人や知人とは今後、関わり方を私の中で変えて行くことに決めました。

 

勿論私の気位が高い事は一旦棚に上げたとして、その上で私と言う人間を必要以上に軽んじて関わって来る人たちとは、私がやって行けないと思いました。

きっと温度の相違なのかもしれません。
一人の人間と向き合う時の私の温度と、相手の温度。そこに余りにも大きな温度差があり過ぎては、人間関係のバランスを大きく欠いてしまうだけで何のメリットもないわけですから‥。

 

勿論メリットだけで人間関係を捉えるべきではないですが、少なくとも私の側に大きなデメリットが生じるような人間関係を私は、持ちたくはないと思います。

 
私はDidier Merahと言う人間であり、世界中の音楽を理論化出来る芸術家です。尚且つリラ星の最期を見届けた巫女としての記憶を保有する事等も合わせて考えると、それを意図的に無視して私とダチ付き合いを望むような人とは関わるべきではないと、最近の私の心の中に新たな赤ランプがずっと点滅し続けています。

なので私は仮に今後孤独に陥ろうが、始終点滅し続けている赤ランプに今は素直に従いたいと言う結論に至りつつあります。

 

 

スズラン2

 

大好きなスズランが街のあちこちで、そっとうつむき加減に咲いています。私の大好きな花ですが、今年のスズランはいつになくとても神妙で悲しげな表情をしています。
もしかすると、人間の愚かさを嘆いているのかもしれません。

 

スズランの英語の花言葉は「return of happiness(再び幸せが訪れる)」… だそうです。

その言葉通りになれば好いと思いますが、一度失ったものが元通りの形になることはありません。それは人間関係も世界情勢も、そして各々の人の心の中もきっと同じです。

 

アルバム『World of Nature』は、この世の始まりから終焉までを描いたアルバムです。是非最後まで、…つまりこの世界の終わりまでを音楽の中で確認しながら聴いて下さい。

 

 

 

河を渡る

1998年、かつてメキシコを横断した時に現地の占い師に言われたことは「貴女のホロスコープは53歳目前で消えている。」だった。その言葉がその後ずっと脳裏を駆け巡り、確かに三人の占い師に言われた通り10年前の私の体はもうボロボロだった。

その、ボロボロの体を夫がまるで「元ある状態に戻す」みたいに、完全に治してくれた。いわゆる「ヒーリング」と言うその方法で私の不整脈その他心臓を巡る色んな不具合はほぼ完治し、その後不整脈に悩まされずに済むようになった私の演奏法にも大きな変化を及ぼした。

 

それまでの私は伴奏家として生計を立てていたのだけど、私が当時最も悩んでいたことは「人の心拍数に自分の心臓が同期してしまうこと」、そして人の心拍音がとてもリアルに聴こえる為に自分自身の体調にそれが異変をもたらすことだった。
その悩みがある日全く消えてなくなり、私の鼓膜までがクリアになったように周囲の音の世界が激変した。

 

53歳へのカウントダウンは既に10年前から始まっていた。その2017年11月3日、先ずその日を越えなくてはならない。次に2018年4月25日の結婚記念日に向け、第二のカウントダウンを開始し、無事にその日を健康な状態で迎えて越えることが出来た。

こんなおめでたい記念を祝わずには居られないと言うことで、昨日2018年5月1日はずっと行きたいと願っていた都下は吉祥寺のステーキハウス さとうに出向き、極上のステーキで夫を労い神々に感謝し、そしてそっと自分自身へのご褒美のリブロースを頬張った。

 

 

 

 

何もかもが順調そうに見えるが、案外そうでもなかった。

私が過去の自分からDidier Merahへと変身した当初は私は名無しのミュージシャンであり、インターネット上からそれまでの全ての経歴を抹消し、各々のタイミングを切っ掛けに少しずつヴェールを脱いで行った。
そして2018年2月、Cathy ClaretさんとのJ-WAVEスタジオライブの共演を機に私の仕事の顔がインターネットの一斉に公開され、その後私は生まれて初めてプロフィール用の顔写真の撮影に踏み切った。

いざ顔を世界にお披露目してしまうと、もう怖いものなどなにもなくなりそうな気がして来る。勿論この世界にはまだまだ怖いものがきっと沢山あるのだろうけど、少なくとも分厚い壁を無事に突破した感は否めない。

 

こんな風に私を導いてくれた夫への恩返しは未だ何も出来て居ないし、私に楽器の資金を遺して旅だって行った父への恩返しも同時に殆ど出来ては居ない状況ではあるものの、一つ一つ見えない重たいヴェールを脱いで居る感触はしっかりと手応えとして私の背中を押してくれる。

 

今、私は追い風に乗っている。この追い風に逆らわず、尚且つ調子に乗り過ぎぬように一つ一つの課題を丁寧にこなしながら、既に次のアルバムの構想~作曲の作業に入って居る。

 

 

前作「Mother Earth」は偉大な母なる地球の意識との共鳴・共振、そしてクリエイションからのZip.のサポートを得ながら完成させた。

次は宇宙。
私の遠い遠い故郷の星「リラ」の記憶から物語はスタートする。

 

 

📻今夜、この記事を書きながら聴いているBGMは此方 ⇩