夏日と樹々と

pexels-photo-589802
学生時代、一年の中で最も好きな季節は夏だった(夏休みを除く…笑)。特にあの、夏の早朝の清々しさと鬱陶しさとの狭間に一歩歩を進める時の、言いようのない躊躇の感覚にドキドキしたものだった。

夏の夜明けは短い。うっすらと空が仄明るくなったと思ったら、数分後には一気に闇が晴れる。さっきまで夜だったことが信じられないくらいの速度で、朝が始まる。
朝が始まると急激に暑さが訪れ、地上の生命に大いなる渇きをもたらす。喉が渇くと岩塩を舐めながら水を飲み、気付くと何時間もトレーニングに集中するのは今も同じ。ただ一つ、当時とはその目的が異なること、それ以外は…。

 

 

木曜日、珍しく知人と近くの神社の目印のご神木の前で待ち合わせる。ご神木は何本も聳え立っているから本当に知人と逢えるかどうかはらはらしたけれど、ほぼ同じタイミングでご神木の南と北に二人が立つ。
スマホのLINEが「ライーーン‼」と鳴るとその音を合図に、知人が北側から南側へ移動して来た。何本もあるご神木の中の一本の南北に二人が立っていたことは、ある意味偶然。

 

そこからマクドナルドに移動してハンバーガーのランチセットをオーダー。再び神社の境内に戻り、適当な切り株を見つけてそこに腰掛けてランチタイム。ゴミを落とさぬように膝にハンカチを拡げ、紙袋の中に顔を突っ込む姿勢でフライドポテトをばくばく口に運んで行く🍟

 

フライドポテトとハンバーガーと言えばやはり飲み物はコーラと相場が決まって居て、Lサイズのコーラはあっという間に胃袋にキューキュー吸い込まれて行く。
特にこれと言った話題もないのに、何となく時間を共有出来る友人が私には少ない。どこかで人に心を許さない私が何故そうなってしまうのか、本当の理由を知る人たちはそう多くない。

 

 

人と人が出会ったら、いつか必ず別れが来る。永遠の友情など存在しないと最近はようやく割り切って人と向き合うことが出来るようになって、それがむしろ私には気が楽だ。
その通り、きっとこの先ずっと付き合って行くことになるだろう… と思っていた「とある人」との仲も昨年、呆気なく終わりを迎えた。本当に呆気ないほどつまらない理由だったから、もう今ではその人のことを思い出すこともなくなった。

後ろ髪を引くような別れも多々経験して来たけれど、もう人との別れに苦しむことのないように最近では誰かと友人になっても心を開かなくなった。

 

 

ご神木の周りには周囲の太陽の熱を遮るような、少し涼しい風が吹いていた。コーラの紙コップにしたたり落ちる水滴にタオルチーフをぴったりくっつけていたので、いい具合にタオルチーフが冷たく冷えてそれで汗を拭きながら、いつもより長い午後を堪能した。

 

昨夜夫から、「もうちょっとブログをまめに更新したら?」と言われ、お腹の底で少し吹き出してしまった。
そういう夫はDidier Merah Japanのブログを一体何回更新しただろう… と思ったから(笑)。

 

アルバム『Mother Earth』をリリースしてから、周囲の空気が明らかに変わった。ブログも日によっては一行とか二行の簡単な記事を更新しようと(夫と)話していたのだけど、それがし辛い状況になりつつある。

でも、たまにはいいかな、一行日記とか二行日記なんかをブログに更新しても。

余り物事を決めつけない方が、何かと生き易い… と頭では分かっているのだけどね(^_^;)💦

 

 

文字の重力

逆光

 

今年の桜は早かった。あっと言う間に咲き、そしてあっと言う間に天界へと旅立って行った。
この「あっと言う間」の何もかもが辛くて、若かりし頃の私は桜の季節が好きになれなかった。何故人々があんなに透明な目をして儚い桜の樹々を見上げては物思いに耽るのか、本当に理解出来なかった。と言うより、理解すること自体を私が拒否していたのかもしれない。

 

2018年4月5日 木曜日、兎に角一人で居たかった。LINEやFacebookメッセンジャーから送られて来る全てのお誘いを丁寧にお断わりして、全く一人でランチを胃袋に放り込み、そして読書に集中した。
読書は何ヶ月ぶりのことだろう。

 

レコーディングが昨年末に終わり、その後間もなくCathy ClaretさんとのJ-WAVEセッションの準備に追われた今年の1月、2月。ようやく3月に入ったものの3月25日に私自身のアルバム『Mother Earth』のリリースを控え、緊張が続いた。

やっと肩の力が抜けそうだと思ったタイミングで恒例の酷い花粉症に完全に体を蝕まれ、毎日痒みとぼわんとしたおかしな感覚の中に拘束された。
いつもならば桜の花が散る頃には症状が緩和する筈が、今年はむしろ酷くなっている。それもその筈、ヒノキとケヤキの花粉が現在町中を駆け巡っているらしい。私を悩ませているのはこの、2種類の花粉たち。

 

でもそんなことはもうどうでもいい程、昨日の私は読書がしたかった。

 

小保方晴子日記

 

選んだ本が本当にこれで好かったのかどうか… 一瞬目を疑いたくなる程の言葉の重み。それはいきなり鉄の鎧を着せられたみたいに私を苦悩のどん底へと突き落とす勢いで、これでもかと言う勢いで後頭部に殴り掛かって来た。

こめかみが痛み出して、瞼の奥を熱い洪水が襲った。とめどなく溢れる涙で頬が痒くなり、何度も何度もファミレスのナプキンで涙を拭ううちにひりひりと皮膚が痛くなった。

 

才能あふれる若い科学者(研究者)をここまで追い詰めたものに、再び強い憤りを感じた。そして同時に私は、病んでいた頃の自分自身を思い出し、青い書籍の文字の一つ一つにそれを重ね合わせた。当時はそれでも私は必死に生きていたが、そんな私がなぜあんなにも不完全な暴走を止められなかったのかと言う理由や事情を、結局誰も理解してはくれなかった。

小保方さんは今、どんな胸中に在るのだろう…。何か私に出来ることはないだろうかと色々思いを巡らせて居ると、時間がおかしな感じに歪み始めて進んだり戻ったりしながら私から「あるべき時間」の概念と感覚を完全に奪い取って行った。

 

何もしないで過ぎて行く木曜日は、毎回足早に過ぎてしまう。今日もそうだった。
気付くとテーブルの上に温いアイスクリームがどろんとカップの半分を埋めており、慌ててスープでも飲むみたいにしてそれを呑み込んだ。失われた活力…。でも今の私はそれを瞬時に取り戻せるだけの人生スキルを習得した。

何もかもを夫が私に思い出させてくれる。生きること、考えること、反発することやそれを穏やかに行う方法まで、兎に角何もかも。

 

 

花粉の襲撃が止まらない。特に真夜中から明け方は最悪だ。
睡眠の最中に何度か洗面所に立って目を洗うので、ここのところ眠りが浅い日が続いている。

 

 

 

http://www.didier-merah.jp/musicindex/MotherEarth/