プレイリスト “Snow of Hope(希望の雪)- 2022 ①”

毎週末にSpotifyに通知される数百曲の新譜を中心に、少しレアな作品に着目しながらスクラップしている私のプレイリストも日々、進化を遂げています。
ジャンルに分けたPL(プレイリスト)と、その瞬間の空気をランダムにスクラップして行く総集編的なPLに分けながら、同時並行的に複数のPLを作り進めている今日この頃です。
 

現在主となっているPLは此方、プレイリスト Snow of Hope(希望の雪)- 2022 ①” です。此方は総集編的な構成になっており、ジャンル分けをせずに良質な作品を世界中から集めています。
 

 

先週~今週と続いて、どちらかと言うとダークモードな作品が増えているように思いますが、それもこれもこの、世界的なウィルス・パンデミックの止まない波による影響がそうさせているのでしょう。

特にミュージシャンの世界は飲食関連以上に厳しく、ナイトクラブやライブ活動、劇場表現型の活動を継続していた表現者たちは軒並みその活動の場を追われ、中には転職する人たちの悲痛な声も多く聞かれます。
 

ここ最近の私のツイートの内容に眉をひそめる人たちの思いを背中に感じつつ、私はこの流れをむしろ吉報と捉えています。
人類は娯楽と言うものについて、ここで完全に考え方を改める必要性に迫られています。与えて貰う娯楽、その場に行って表現者と一体になって擬似的快感を得る手法の娯楽にはもうそろそろ、見切りを付けるべきです。
勿論表現する側も、それを鑑賞する側も両方共に、です。
 

本当に素晴らしい娯楽や表現作品、ポップス等がそこにあればそれは特異な光を放ち、作品として必ずwebの河を縦横無尽に渡り歩く力を得る筈。そうではなく、その場に人を運ばなければ成り立たない表現は、ここで終焉を受け容れるべきだと私は考えます。

本物の創作或いは作品には、そこに「祈り」が込められています。神に捧げる思いが作品となり、創作者の手のひらを飛び立ち、作品は誰とも知らない人たちの手元にそっと降り立って行きます。
それが「拡散」と言う言葉の神髄ではないでしょうか。

 
そんな思いを込めて私は毎週末、眠気や疲労が溜まっていたとしても世界の新作に触れて、それをスクラップして私なりの感性のこもったPLを作って発信しています。
 

 

ダークモードに包まれた今週の新作の中で、一際目を引いたのがこの作品 “Drawer” (by SUMIN) でした。
 

 

YouTube等では「서랍」と表記されているようですが、和訳すると「引き出し」と言う意味を持つタイトルだと分かります。

歌詞を捲ってみたのですがとても抽象的な表現が続いており、意味を咀嚼するよりはニュアンスを感じ取る方が逆に楽曲の意味に近づけるような気がしました。

https://lyricstranslate.com/ja/sumin-seolab-lyrics.html
 
 

現在私が直面している「生死」や「生死観」が美しく表現されているようにも見えますし、呆気なく通過してしまった過去の自分を老後の自分が静かに振り返っているような歌詞にも読み取れます。
何れにせよ、美しさの中にけっして消せない痛みがこの歌詞や作品の中に綴られていると言う私の憶測は、当たらずとも遠からず‥ でしょう。

この作品の痛みは、マイナーではなくこの曲がメジャーで表現されているからこそ、リスナーに迫り来るものなのかもしれません。
 

 

このPLに Snow of Hope(希望の雪)- 2022 ①” と命名したのは、やはり2022年早々の私にとってはとても悲しい雪がその動機でした。
たった4人の家族の3人全員が、昨年の冬に全てあちら側に旅立って行ったことになります。

その最後の肉親であった実母の最後を見送り、火葬したのは、亡くなった実弟の奥様でした。私への連絡が出来ない状況だった‥ と言う彼女の言葉が真実だったのかどうか、その後の彼女の行動が物語っているように思います。
私はその経緯をこの先二度と忘れることはないでしょう。
もしも彼女にも幾ばくかの善意があるのだとしたら、それを是非、私の目を見て彼女の肉声で事の経緯を全て聞かせて欲しいと思います。
 

現在色々調査中にて、ここには余り多くのことを書けないのが辛いのですが、もしも亡くなった実弟の奥様がこの記事を読まれていたら、今の私をご自身に置き換えて考えて頂ければ私の気持ちや立場、けっしてこれまで人様には見せて来ずに来た私の本当の胸の内、心の痛みをご理解頂けると思います。
 

そしてこの作品 “Drawer” (by SUMIN) のように、ご自身の中の出来事にそっと光を当てて欲しいです。
 

音楽で結ばれ、そして小さな家に「過去世をJ.S.バッハとして生きた私」が生まれたことで、この家族を音楽が引き裂いて行ったように思います。
なのでせめて私は我が家を引き裂いた「音楽」をもって、この先の人生を長く生き続け、砕け散ったピースを一つずつ元の場所に戻すことで亡くなった三人の家族を供養したいと願っています。



話しが少し脱線しますが、この記事の最後に亡き弟と私とを最後に繋いでくれた、この作品を貼っておきます。
 

今週のSpotifyの新譜を聴きながら

毎週末の金曜日、Spotifyからは世界各国の新譜が一斉に更新される。勿論私はSpotifyやインターネットを知る以前から日々世界中の新譜や旧譜等を聴き漁ること、かれこれそんな作業を数十年間続けている。
学生時代からTSUTAYAや新星堂等を巡り、気付いたら今年で57歳になっていた。16歳でいわゆる芸能界と言う世界に飛び込んだから、芸歴自体が40年をとうに超えた。

音楽を聴く人たちの大半が、「音楽とは音を楽しむことだ」と思っている。だが私は、それは違う思っている。

音楽を娯楽の玩具として使っている人たちを目の当たりにすると、どうにもこうにも虫唾が走る。身を削るようにして音楽を生み出している人たちは少なからずいる、それを使い捨ての玩具のように乱暴に扱っても平気で居る人たちの息を感じる度に、胸が痛む。


思うに音楽とは祭祀であり、祈りであり、そして救いであるべきだ。
勿論何によって救われるかについては人それぞれであるが、一度目標を下げてしまえば後はズルズルとその敷居が崩れ落ちるところまで下落するだけだ。
だから自身の敷居、ボーダーは絶対に低下させるべきではない。
 


この2年間、特にコロナ禍のロックダウンが世界各地で実施されるタイミングになると、世界中の音楽が泣き始めるか或いは凍り付いて行く。
まさに今週がその状態だったように感じてならない。

生きる為の音楽もあれば、祈る為の音楽もあるだろう。だが全体的に無表情の音楽が一斉に増えて、どこか廃屋で雑音だらけの機材を叩きながら音楽を聴いているような、言葉にならない虚しさが上空から私を羽交い絞めにして行く。

 

 

生まれて一度も泣いたことのない人に、「泣く」感触を伝えることはとても難しい。逆に生まれて一度も笑ったことのない人に、「笑う」感覚を伝えることも難しいだろう。

今週のSpotifyの新譜を聴いていて感じたことを一言で表すとしたら、「音楽家或いは音楽全体がAI化したような感じ」とでも言えば良いだろうか。
コミュニケーションに支障をきたした人類全体が感情面に不具合を起こし、その状態が未修正のまま数年が経過した後のような、エモーションの大きな欠落を感じるのだ。

だがそれは、商業娯楽としての音楽に人類が飼い慣らされた結果の顛末と言うことも出来るだろう。
「音楽とは音を楽しむことだ」と教えられ、その風潮を信じ込み、数十年もの歳月をかけながら洗脳され尽くした我々人類はもはや、自然の声や山々の思うことやそれらを司る神々の心の声すら聞くことが出来なくなっている。だからこれだけの長い分断を経ても尚平然と飛行機での移動を止めないし、遊ぶ為ならどんな苦痛をも受け容れようとするし、現実を全く見ようとしない。

生命と魂の輪廻を軽視し、瞬時瞬時の現世の中で味わい尽くせるだけの快楽を貪ろうとし、その為ならば危機的な環境破壊すら無視し続ける。それが2021年現在の人間と言う生き物だ。

 

 

良質な音楽とは何ですか?

この命題に対する答えを、おそらく誰も持てていないのだろう。
そこそこのルックスと運を手中に偶発的にメディアと言う檜舞台に駆け上がって行けた人が生み出すものが、それ(良質な音楽)だと思っている人たちも多いだろう。
上に書いた条件に当てはまる人たちはおそらく、「音楽を探す」と言う行動を取らないものである。近隣、隣近所の人たちやSNSやメディアや雑誌に取り上げられない音楽は二流・三流だ‥ と言って、実際に私に牙を剝いて来る人たちも大勢居る。
 

だが彼等のような人たちに限って、風向きにはひじょうに敏感である。
彼等の判断基準は常に自分以外の誰かが発信するレビューであり、自己判断の能力に著しく欠けているにも関わらず、命を削って音楽創作に挑んでいる本物を目の前にしても、その人を誰かが噂でもしない限りは「本物」とは見なさない。
勝ち馬を探すことに躍起になり、一度勝ち馬に乗ったが最後その馬を疑うことはなく、尚且つ頑なに馬から降りようともしない。

 

 

今週のSpotifyの新譜を私は、未だ全曲聴けていない。だが大方の流れは把握出来る。
虚無無気力絶望コミュニケーションの分断将来への不安、しいては自身の命の不安等を抱え込みながら、それでも何かしら音楽家たちは音楽を生み出すことで地球に己の生存を訴えかけて行く。

それでも彼等の作業に祈りの念は薄く乏しく、人類にとってこれだけ考える時間を膨大に与えられながらも、何かを深く考えて音楽を生み出しているようには視えない。

 
昨日外出先から帰宅してから、私も体調が良くない。体温が上下しているような感覚があり何度か体温を計ってみたが、高熱ではない。むしろ低体温による火照りが抜けて行かない。
こういう日は静かにしている他になさそうだ。それでも私は音楽を探し、音楽を聴き、音楽家たちの祈りに触れていたいと願うのだ。
それは一種の病気のようでもあるが、私にとってはこれが正常値。

 

 

当記事の間に挟んだのは、今日Spotifyの新譜情報に現れたものから楽曲だけをピックアップしたものである。
以下に今日更新した2種類のプレイリストを表示しておきたい。

上は「Lo―Fi」系のプレイリスト、下がオールジャンルの音楽をまとめたものになる。

 

  

⇩ 此方のプレイリストのトラック 55曲目からが、今週の更新分になる。
 

 

note記事よりサポート(投げ銭)等で応援頂ければ幸いです。
https://note.com/didiermerah/n/n219a5e5cda99