実家との永別

とても個人的なことですが、昨日無事に実家マンションの売却の契約が成立し、又一つ物事が前進しました。
私にとっては約54年と強の時を送った実家(中32年間は両親の強い希望もあり、私は殆ど実家内には立ち入ることが出来ませんでした‥)ですが、それなりに思いはひとしおでした。
 
昨年の暮れ、2022年12月29日に最後の遺品整理で実家に入り、全ての作業を終えて実家を後にしました。
もう二度と見ることのない部屋の一つ一つを、スマホで写真に収めて行きました。形式的には私と実家や家族、親戚の人たちとの全ての関わりがこれで(一旦)終止符を打つことになります。
 

 
但し私を今日まで排除(迫害)し続けて来たすべての人たちに対し、私はシュールな方法で「それなりの報復」を試みることになります。
後は霊界裁判の場で、各々の魂に直接霊的存在の方々がアクセスし各自の魂と霊体から情報と記録を吸い上げることになる為、私が判決の場に立ち会うことは一切出来ません。
 
とても長い時間を要する裁判になると聞いていますが、私は自身のミッションを粛々と遂行すべく日々を送って参ります。
 
私の実家の諸々に関わり私を排除し続けて来た全ての人々には、しかるべき報いを受けて頂きたいと思っています。
私の苦しみに対する、それ以上のものを。
 
昨年12月29日の最後の遺品整理の時までに、私は自身の幼少期の写真のみならず弟や母、そして親戚秋山家・池田家・横尾家~弟の嫁・市〇家の家族全員を含むの写真や手紙の多くを回収し、保管しています。
勿論その中には弟・山田大輔(故)とその妻・山田りえ(仮名)の結婚式の際の集合写真や親族だけが収まった写真の他、同 山田りえ(仮名)のKO大学の卒業写真までが出揃いました。
私の知らない時間の中で起きた出来事のあれこれをあらためて丹念に見つめ直して、この先の霊界裁判に備えたいと思います。
 

昨日の色々なことで心身かなり疲労が激しいので、今日は時間をらんだむに使って音楽を聴いていたい気持ちです。
こういうタイミングでセレクトするのは持って来いの、昨日Amazonから届いたM.Yさんの中古のDVD+CD “within” の荘厳な調べを堪能しながら、この記事を書いています。
但し、このCDの主役であるM.Yさんからは私は「或る事情」によりアク禁にされているようです(笑)。
 
私が音楽評論家として下した彼女へのジャッジメントの影響なのでしょう。
でも私はあるべき発信に心掛け、愛ある厳しいジャッジメント精神を今後も失わないつもりです。
 

 
今後の音楽評論記事は、全て花島ダリア名義で進めて参ります。
ブログは花島ダリアの音楽評論になります。

音楽評論家「花島ダリア」降臨

私には多種多様な職歴があり、昨日までは全ての職歴に対し一つの名前でそれらについての発信者名を「Didier Merah」に一本化して来ました。
ですが先日ふとしたことが切っ掛けで、その状況に若干不具合が起きていることを突き止めました。
 
先ずは各々の職業毎に名前を分けることに決めました。
ここでご紹介するのは、音楽評論家としての新しい名前です。

ペンネームを「花島ダリア」(はなしまだりあ)と命名し、別ブログを立ち上げるまでの期間は当面、noteに新しいアカウントを作成し、そこからは音楽評論関連の記事だけを発信して行きます。
https://note.com/dahlia_hanashima
 

 
ダリアは私の大好きな花。そしてどこか、自分自身の内面を映し出しているような花でもあります。
大らかで明るい花びら、だけどよく見ると茎は柔らかく傷みやすい‥。そんなところが、どこか私と共通しているように思えます。
 

先日LINEのとあるオープンチャットで、エゴサーチ目的で滑り込んだ先で使った名前がコレでした。
その名前は瞬時的に降りて来た名前でしたが、音楽評論家としての別名としてとても相応しいと思い、ペンネームをこの名前 「花島ダリア」(はなしまだりあ)に決めました。
 

既にnoteに、初回の音楽評論記事を執筆しています。
音楽及び音楽評論に関心のある方は是非、足をお運び下さい。
 

『映画音楽と権威主義|花島ダリア』:
https://note.com/dahlia_hanashima/n/n46bd6b326080

 

Twitterは此方になります ⇩