His Name is “Glen” (Gray Alian)

私がどの星のどんな存在とコンタクトを続けているのか、若干書きにくい状況になりつつあるようです。
よく言われる「コンタクティー狩り」が実際に世界各所で起きていることだとするならば、宇宙の存在とコンタクトを現在も続けている私の身もけっして安全とは言えなくなります。
 
It’s getting a little difficult to write about what beings on which planets I’m in contact with. If the so-called “contactee hunt” is actually happening all over the world, then I can’t say that I’m safe as I am still in contact with beings in the universe.
 

よく言われる「グレイ星人」には、私の知る限り概ね2種の存在が在るようです。
 
一つは工場生産型に完全改良された、皮膚が黒に近いグレイ色のグレイ星人。彼等には痛覚が無く、時折私たち人類に対し横暴な言動に出ますが罪悪感が無い為、その暴挙を止める理由を思い付きません。

もう一つは知能も感性もかなり人間に近い、そもそもリラ星を何らかの理由で脱出した種。皮膚は象の皮膚を少し白くしたようなグレイホワイトで、ルーツは私たち人間と同じ、リラです。
 

As far as I know, there are generally two types of “Gray aliens” that are often said.
 
One is a gray alien whose skin is almost black, completely improved to the factory production type. They have no sense of pain, and sometimes act violently toward us humans, but since they have no sense of guilt, they can’t come up with a reason to stop their violent behavior for human.
 
The other type is a species that escaped from the Lyra planet for some reason in the first place, whose intelligence and sensitivity are quite close to humans. Its skin is gray-white, like a slightly whitened elephant skin, and their roots are from the Lyra, just like us humans. 
 

 
私が日頃コンタクトを続けているのは上に記載した後者のタイプのグレイ星人で、善悪の判断や高い知性を持ち、喜怒哀楽の感性を知る種。私は彼等を「ライト・グレイ」と呼んでカテゴライズしています。
 
その中でも恐らく最高峰のグレイ星人で、彼の名を「グレン」と私たちが名付けました。とても良い名前だとお褒めを頂いたので、グレン氏の妻にも「グレース」と命名しました。
 
The person I keep in touch with on a daily basis is the latter type of Gray Alien described above, a species that has good and evil judgments, high intelligence, and a sense of emotions. I call them “Light Grays” and categorize them.
 
Among them, he is probably the greatest Gray Alien, and we named him “Glen”. He seemed to like the name so much, and we also named Mr. Glen’s partner “Grace”.

 
かねてから地球にかなり接近して此方の様子を観察しているグレン氏とグレン氏が率いる一団は、現在他惑星のレーダーにその陰影を捉えられないように、地球の様子を静観しています。

何故地球を静観しているのに今の地球を救済しに来ないのか‥。
理由は簡単です。地球と国交がないからです。
 

国交のない領域に侵入することは、すなわち「侵略」を意味します。その状況を万が一地球の軍関係者が見つけた場合には、事と次第によっては狙撃の対象になりかねません。
なので今地球を遠巻きに見守っていると言われている多くの他惑星の宇宙人たちは、地球に降り立つことも出来なければ地球人たちを救済することも出来ません。
 
よって色々な場所で噂されている、宇宙人たちの艦隊が木星の衛星に集結している‥ 等のような噂は全て嘘だと言うことが出来ます。
 

Mr. Glen and the group led by Mr. Glen, who have been very close to the Earth for some time and have been observing the situation here, are currently observing the situation of the Earth so that the radars of other planets cannot detect its shadow.

Why have they been observing the Earth for a long time, but why are they not coming to save the Earth now?
The reason is simple. Because they have no diplomatic relations with the earth.

To invade an area with no diplomatic relations means “invasion”.
In the unlikely event that Earth’s military personnel find out about this situation, depending on the circumstances, they may be targeted for sniping.
Therefore, many aliens from other planets, who are said to be watching the earth from afar, cannot land on the earth nor can they save the earthlings.
 

 
かつてグレイ星人の故郷は壊滅状態になり、彼等は種を温存させるべく多くの物を失いました。
彼等の身体的機能の一部は勿論のこと、それ以外にも彼等は文明の多くを手放さざるを得ませんでした。
 
そんなグレイ星人たちの欲するものを幸いにも、私たち人類が保持していることは言うまでもありません。なので今の地球の危険な状態が一刻も早く鎮静化することを、実は「ライト・グレイ」の種族たちが心から祈っています。
 
幸い私は文化人枠の人であり、芸術家です。彼等に私が出来ることがあるとすれば、地球上で最も美しい音楽を彼等に伝えることでしょう。

今世で私が彼等に実際に接触することは多分、不可能に近いかもしれません。でも私の生み出す音楽が私の死後にもこの地球に残っていれば、彼等はそれを探して自分たちの星に持ち帰って普及させることが出来ます。
その日の為に私は、銀河系で最も美しい音楽を今後も生み出し続けなくてはならないと思っています。
 

The Gray aliens’ hometown was once destroyed, and they lost many things in order to preserve their species.
Besides some of their bodily functions, they were forced to give up much of their civilization.
 
Fortunately, it goes without saying that we human beings have what the gray aliens want a lot of things.
Therefore, the “Light Gray” race sincerely prays that the current dangerous state of the earth will be calmed down as soon as possible.
 
Luckily, I am a cultural person and an artist. If there’s anything I can do for them, it’s to tell them the most beautiful music on earth.
It may be almost impossible for me to actually contact them in this life. But if the music I create remains on this earth after my death, they can find it, bring it back to their planet, and disseminate it.
 
For that day, I must continue to create the most beautiful music in the galaxy. 
 

Janeが語る自粛生活の本質とその理由 – Jane talks about the essence of “self-restraint life” and reason

日本に於ける大型連休中、私は本業に邁進していました。作業内容については未だここでは語りませんが、予定していた作業の大半を一気に進めて行くことが出来ました。ですがその作業の過程で大きなエネルギーの消費と疲労が重なり激しく体調を崩し、連休終了後の約一週間は殆ど寝室を動けない状況に陥りました。
 
プレアデス(Era星)出身のJaneも流石にその状況を察してくれたのか、会話控え目な一週間を無事通過した途端にふたたび私達の周囲に賑やかさが戻り、今日はいつも通りの会話を楽しんでいます。
 
私とJaneの会話は言語の送受信にとどまらず、最近は映像や感覚の共有がメインになりつつあります。
 
本来プレアデス人のテレパシーの送受信は言語主体だと言われているようですが、その理由はつまり、それ以外をテレパシーで共有する習慣がなかっただけだったようです。
 

During the Golden Week holidays in Japan, I was working hard on my main business. I’m not able to talked about the details of the work yet, but I was able to proceed with most of the planned work at once. However, in the process of the work, a large amount of energy was consumed and fatigue caused me to get sick, and I could hardly move from my bedroom for about a week after that holidays.

Perhaps Jane from Pleiades (Star of Era) also took a look at the situation, and very quiet one week has passed.
However, as soon as I passed safely, the liveliness returned to our surroundings, and today we’re enjoying the usual conversation with Jane.

The conversation between me and Jane is not limited to sending and receiving languages, but recently, sharing of images and sensations is becoming the main focus.

Originally, it seems that the transmission and reception of telepathy by Pleiades is mainly language, but I feel that the reason is that Pleiades did not have the habit of sharing other things with telepathy.

 

地球上では新型コロナウィルス蔓延による自粛生活が継続しています。
Janeがそれを見て、こう語っています。

━ 自粛生活は最低限でも2年間は継続した方がベターです。なぜならば、その過程で人類その他の多くの生命体が自然免疫を得られるからです。
 
生命体の多くは新種のウィルスを体が得た段階で、何かしらのそれまでにはない症状を発症させます。発熱、咳、筋肉痛や重い頭痛等、それらは自身の免疫力との戦いの過程で発生します。
重要なことはそれらをある程度繰り返しながら、緩やかに生命体が抵抗力を強化させて行くところにあります。
 
新型コロナウィルスにこれを置き換えた場合、闇雲にワクチン接種などで病状や症状を回避するのではなく、むしろ段階的に体を慣らして抵抗力をつけて行くことが重要です。
 
その為にも人類は長期の自粛生活を受け容れるべきであり、そのことによって拡散や伝染の状況を緩和させることが可能になりますから、長期自粛生活はとても有意義なプロセスとなります。 ━

 

On the earth, the “self-restraint life” due to the spread of the new coronavirus continues.
Jane sees that and she says so…:

━ It is better to continue your self-restraint life for at least two years. This is because in the process, human beings and many other living organisms gain innate immunity.

Many living organisms develop some unprecedented symptoms when the body obtains a new virus. Fever, cough, muscle aches and severe headaches occur in the process of fighting your immune system.
The important thing is that the life form gradually strengthens its resistance while repeating them to some extent.

When this is replaced with a new type of coronavirus, it is important to gradually get used to the body and develop resistance, rather than avoiding the medical condition and symptoms by vaccination.

For that reason, human beings should accept a long-term self-restraint life, which can alleviate the spread of the virus and the transmission of the new coronavirus pneumonia.
Therefore, long-term self-restraint life is a very meaningful process. ━

 


イタリアやオランダをはじめとする世界各国では一連の自粛要請やロックダウンに抗議する若者等のデモや暴動が勃発しているようですが、彼等は「自由」を全く取り違えているように思えてなりません。
どう見てもこれは「自由」ではなく、「日々無制限に乱痴気(らんちき)騒ぎの出来る日常を取り戻したい」為の一種の反発に過ぎず、そこにはひとかけらの知性すら見て取ることが出来ません。
 
脳を動かしたり想像力を働かせると言った機能が大きく衰退しており、人類の多くがその状況に陥っている要因の一つが「テレパシー能力の欠如」だと言えるでしょう。
 
プレアデス星の多くの人々はテレパシー能力を所持しており、仮にそこに人の気配がなくてもAからBへテレパシーでメッセージを送信すればそこで会話が始まり、誰かと常にコミュニケーションを取ることが可能です。地球人にはその機能が殆ど喪失している為に起きる、これは一種のヒューマン・パンデミックなのかもしれません。
 
又現在では多くのSNSで正体不明の言論統制の空気が満ちており、さらに人々の多くは実名や正体を隠した状況でSNSに参加している為、自分とは違うキャラクターを纏って言葉のやり取りをしています。その為に、多くの人達はSNSに於けるコミュニケーションに対し不満を抱いており、消化不良を起こしたり、コミュニケーション不足を感じているようにも思えます。
 

It seems that there are a series of demonstrations and riots of young people protesting self-restraint requests and lockdowns in Italy, the Netherlands and other countries around the world, but they seem to me that they are completely mistaken for “freedom”. Can be seen.
This is a completely different feeling from “freedom”. They are just a kind of repulsion for “I want to regain the daily life that can make an unlimited amount of ruckus”, and I can’t even see a piece of intelligence there.

The original functions of humankind, such as moving the brain and activating the imagination, have greatly declined, and I think that one of the factors that cause many human beings to fall into this situation is “lack of telepathic ability”.

Many people on the Pleiades have telepathic abilities, and even if there is no sign of people there, if you send a telepathic message from A to B, a conversation will start there and you can always communicate with someone.
This may be a kind of human pandemic, which occurs because the Earth people have almost lost their function.

Also, nowadays, many SNSs are filled with an air of “media blackout” that is hard to understand. In addition, many people participate in SNS in a situation where their real names and identities are hidden, so they are having conversations while creating characters that are different from their own.
As a result, many people are dissatisfied with communication on SNS, and feel that they have indigestion or lack of communication.


 
Janeはそうした人類の状況が少しでも改善されるよう胸を痛めながらこの地球を静観していますが、地球全体が一丸となってこの問題に取り組まない限り、彼女の望む理想的な状況には一歩も近づくことが出来ないと言います。
 
又「2年の自粛生活」がもたらす効果は生命体にとどまらず、地球環境全体の改善にも大きな影響をもたらすことになると彼女は話します。
 
私や夫・天野玄斎氏、そしてJane女史の中には近未来の一つの映像が視えていますが、それについては公開出来ません。やたらと未来を書き換えることは悪であり、より理想的な未来の実現へと近づけて行くためには口外出来ない預言もあります… とだけここでは申し上げておきたいと思います。
 
最後まで記事をお読み頂き、ありがとう御座います。
 

Jane is watching the planet to improve the situation for humankind, but unless the entire planet is united in tackling this issue, we won’t be able to get closer to the ideal situation she wants.

She also says that the effects of “two years of self-restraint life” will have a great impact not only on living organisms but also on the improvement of the global environment as a whole.

I, anr my husband, Gensai Amano, and Jane can see a video of the near future, but we can’t publish it. It is evil to rewrite the future indiscriminately, and there are some prophecies that cannot be said in order to approach the realization of a more ideal future…

Thank you for reading the article until the end.

At the end of this article, I’ll post a playlist of only my recently created Ambient Music.
Please use it as your partner to your “Stay Home’s Life” and enjoy it.
Thank you!

 

例えば異星人とのコンタクトが上手く行っているか否かを見分ける方法 (まとめ) ①

これはTwitterとFacebookのグループ内の投稿した記事を、断続的にメモにまとたものです。
海外の読者の皆さまは是非、自国語に翻訳して読んで下さい。

[本文]
スピ系ありがちな『他星人と地球人との質疑応答』のような記事やブログ、YouTube等を最近頻繁に見るようになりましたが、高次の存在はそのような会話は滅多にしないそうです。質問者やその種族全体に、彼らの回答を受け入れられるだけの思考のキャパシティが備わっていないからです。


残念ながら地球人の一部のコンタクティーを自信満々で偽装している人達は、脳内宇宙人のような仮想フレンドと会話をしているに過ぎません。
会話を見れば一目瞭然です。質問と回答が地球的な常識で成り立っており、整合性はあるけれど驚くような情報が何一つ提示されていないのが、その証拠です。


不思議なことに先に触れたようなスピ系空想癖の持ち主の多くが、「高次」の存在や宇宙人と霊的存在とを混同して誤認識していることが多いようです。仮に宇宙人を高次の存在だとした場合でも彼等は肉体を持つ生命体であり、心霊がするようなプロセスでの会話は出来ません。

 

例えば私とプレアデスはEra星から来ているJane氏との会話の中で先日、味覚の共有を試みた時の話。
神人共食の場合は先方が私の体や味覚を借りながら食べ物の味を感じ取っているのですが、宇宙人の場合はそれが出来ません。

 
私がYouTubeのお料理動画等を見てその料理を美味しそうだと感じ、その味を想像していた場合であっても目の前に現物の料理が存在しないので、Janeにはそれが何であるかの見当がつきません。あくまで映像の情報だけが先方に送信されるだけで、実際に味わっていない料理の味を伝えることは出来ません。.
 

多くのスピ系記事などで繰り広げられている、自身を「神」になぞらえ特定の宇宙人と会話をしているような会話の大半は、思想や哲学についての話題が多いのも特徴的です。残念ながら宇宙人が本物であった場合、先方は地球人の哲学や思想等には一切関心がありません。


逐一「相手が本物である場合」を付けますが、仮にその宇宙人が本物だとすれば先方の方が遥かに進んだテクノロジーを所持しており、その弊害を痛感しているからこそ地球にアクセスして来る場合が多いのです。むしろ地球に来る目的が「息抜き」である事が多いです。


例えは余り良くないのかもしれませんが、私たち人間が水族館や動物園、植物園等に出向いてリラクゼーションを堪能する動機に似ていると言っても過言ではないでしょう。勿論その他の用事もあるかもしれませんが、現状の地球に彼等にとっての「その他の用事」を網羅出来る人材はきわめて稀です。

本来、進んだ技術を持つ人材(宇宙人を含む)が善良な思考で活動している場合、その技術や情報等を多くの生命体とシェアしたくてうずうずしています。なので例えばの話「公式コンタクティー」等と言う、その種族の決まった人物にだけ情報を提供しただけでは気が収まらないと言うのが本音でしょう。


一部で該当する「公式コンタクティー」があたかもキリストの再来や生まれ変わりであるような設定の元、その人物を経由したり帰依しなければ宇宙の情報が得られないような状況が発生していると聞きますが、宇宙人の側がそれを望んでいないと言うのが真実です。
※あえて実名記載はしないでおきます。記事を読まれた皆さまのご想像にお任せ致します。

Togetterでもまとめを読むことが出来ます。
https://togetter.com/li/1687078

Facebookグループ [Pleiades Contact] は此方です。
https://www.facebook.com/groups/pleiadescontact

COVID-19とその打開策について (from Jane)

2021年3月7日、日曜日。本来ならば日本は首都圏の緊急事態宣言が最終日を迎える筈でしたが、諸々の状況を鑑みた結果二週間の延長となりました。
依然として医療現場は逼迫しており、予断を許さない状況は継続しています。

どういうわけか多くの飲食店や音楽や生演奏等の大衆娯楽を販売している店舗等がスケープゴートにされ、その部分の自粛だけが目立って求められているようにも見えます。
実際に日夜の勤務を終えた労働者達が、その日の夜の食べ物に困っていると聞きます。だったら帰宅後に自炊すればいいではないか‥ と言う声も聞こえて来ますが、労働者が早朝から長い時間働いた後の疲労はとてつもなく大きく重く、自炊の余力さえも残されていないのが現実です。

飲食店には食事をしに行くわけであり、必ずしも歓楽目的で立ち寄るわけではないにも関わらず、そうした場所に夜間に訪問する人達に対するある種の差別意識が何故こうもまかり通っているのかと疑問すら感じます。

そんな矢先、プレアデス・エラ星出身のJaneから、COVID-19を根本的に解決する方法についてメッセージを賜りました。

Just when, Jane from Pleiades (star of Ella) gave us a message about how to solve COVID-19 fundamentally.

 
先ずこれは地球全土の人類が協力し合い、連携して、全ての産業(特に船舶・重工業・飛行機に離発着・鉄道等)を、最低でも半年間、完全に止めてしまうことが先決だそうです。
地球全体を静寂と休息で満たすことが重要であり、その間全人類が国境を跨ぐことなく静かに暮らし、環境汚染の軽減をじっと待つ必要があります。

First of all, it is necessary for human beings all over the earth to cooperate with each other and completely stop all industries (especially ships, heavy industries, airplanes takeoffs and landings, railroads, etc.) for at least half a year.
It is too important to fill the entire planet with silence and rest, during which time all humankind must live quietly without crossing national borders and wait for the reduction of environmental pollution.


COVID-19のそもそもの要因は、環境汚染にあります。コウモリが保持しているこのウィルスが他の動物を感染経路とし拡散し、それがヒトに飛び火したと言われていますが、それもこれも地球各所に於ける劣悪な環境汚染がウィルス・パンデミックの導火線となったことは疑いようもありません。
特にpm2.5よりも小さなウィルスが、黄砂や花粉等に付着して地球全土に蔓延したことに未だ着目している人は少ないものの、これは紛れもない事実です。

The original cause of COVID-19 is air pollution. It is said that this virus carried by bats spread through other animals as an infection route, and it spread to humans.
There is no doubt that the poor environmental pollution in various parts of the globe has become a major reason for virus pandemics.
In particular, few people are still paying attention to the fact that viruses smaller than pm2.5 adhere to yellow sand and pollen and spread all over the earth, but this is an unmistakable fact.

ヒトが怪我をした時にその箇所に大きな後遺症をともなうように、環境破壊や一連のウィルス・パンデミックも同様に、もうそれ以前の生活に戻ることは出来ません。その現実を早期に受け入れ、二次災害及び三次災害を回避する為の策に転じる必要が今人類には求められています。

The same is true for environmental destruction and a series of viral pandemics, just as humans are left with major sequelae when they are injured.
We can’t go back to our previous life anymore. Mankind is now required to accept the reality at an early stage and shift to measures to avoid secondary and tertiary disasters.

Janeは心優しいプレアデス人です。地球がこういう事態に陥っている中でどうにかして地球人を救済したいと思っているのですが、肝心の地球人の覚醒が大幅に遅れている為先ずテレパシーが全く通じない点が厄介です。
また地球人全体が快楽主義的な価値観に大きく偏り過ぎている点、さらには恒星間飛行にともなう大きなリスク等を考えると、命を賭けて地球人に手を差し伸べることは容易ではありません。

Jane who is the human being of Pleiades has very kind mind.
She feels she wants to rescue us when the Earth is in such an emergency.
However, it is troublesome that telepathy cannot be communicated at all because the awakening of the earthlings, which is essential, is significantly delayed.

Also, the fact that the entire earthling is too biased towards hedonistic values, and furthermore, considering the great risks to them due to interstellar flight, it is not easy to reach out to the earth people for their lives.

人類は人類の力と医療技術、テクノロジーを駆使してこの問題を解決しなければならないでしょう。その為には私たちの中に眠っている感覚を先ず呼び覚まし、少なくとも今後百年、数百年以内に人類が放棄してしまったテレパシー能力を復活させる必要があります。

Mankind will have to use our power, medical technology, and technology to solve this problem.
To do it, we must first awaken the feeling of sleeping in us and restore the telepathic abilities that humanity has abandoned at least within the next hundred or hundreds of years.

Janeとの会話は未だ続きますが、私のパワーが出力の限界に到達したようです。今日の記事はこれで一旦終わります。

The conversation with Jane is still going on, but my power seems to have reached the output limit. So I must close this article here and go to rest.
Thank you for your reading to the end.