サイレントコロナからブラックコロナへの新たな変貌 – 2020.11.22

この記事はSNS note に綴った最新記事からの同期投稿となります。
noteの原文のまま、このブログにコピーしました。
 

 
①はじめに – サポート応援のお願い

色々試行錯誤を重ねながら綴って来た「チャネラー Didier Merahと自然神との対話が探る新型コロナウィルス関連の情報」は、これまでその殆どを有料で配信して来ました。
勿論私自身、心身ボロボロになりながら精魂を削って書いて来たものなのでお心付けを頂きたい気持ちは山々ですが、流石に2020年秋の、この状況に至った状況を見て「有料配信」への執着を少し解放しなければいけないと思っております。
 
ですのでこの記事に関しては、各SNSより一斉公開に踏み切ることにしました。
その代わりに、是非とも適切な価格でのサポート応援を読者の皆様にはお願いしたいので、よろしくお願い致します。

https://note.com/didiermerah/n/nce1c1d3c1af0

 

②新型コロナウィルスの空気感染と、サイレントコロナの蔓延

このシリーズを執筆し始めてから、もうすぐ一年が経過します。
私は最初から、新型コロナウィルスが空気感染によって感染爆発を起こしている旨、多々のSNSの中でも主張し続けてきましたが、その度にネックになっていたのは「エビデンス」や「出典元」の不鮮明さでした。

 
超能力や読心術にエビデンスの提出が可能であれば、今頃、誰にでも同じ手法で人の心を読むことが出来る筈であり、ともすれば人間以外の生き物の心も読めた筈。勿論人間以外の生き物との会話も十分に可能な時代は訪れていた筈であり、それは言語の壁を超えて人々の命を守り抜く重要な手段となっていたでしょう。
ですが、現実は違っていました。

多くの霊能者や祈祷師、占い師の面々がそれこそキラキラワードを連発し、新型コロナウィルスを避ける為のおまじない等をYouTubeで配信したり、或いは有料のメルマガ等を使用して高額販売をしたり‥。世の中は彼等(偽物スピリチュアリスト)のいいように、手のひらの上で転がされ荒らされて行ったと思います。

 
 

 
新型コロナウィルスが昨年の暮れに中国・武漢で出現した当初から、私はこのウィルスがこれまでにはない特殊なタイプのウィルスであり、特殊な感染の仕方をすることを直感していました。
その直感をさらに裏付けたのは、自然神「カール氏(仮名)」との出会いであり、彼(?)との対話の積み重ねでした。

 
既にその頃には夫・天野玄斎氏もYouTube上で多々のこの流れを予言しており、私は夫の預言(予言)を裏付ける為の情報を自然神から直接入手していたと言って過言ではないでしょう。

 
ただ多くの会話は秘密裏に行われ、地球上の心ない誹謗中傷に晒したくない旨もあり、カール氏から得た情報の大半を看板で包み込むようにして有料配信して来ましたが、今回の記事に於いてはカール氏自らがその鍵を一時的に解放せよとのお達しがありました。
あとはこの記事を読まれた方の善意を、ただ信じて突き進み、記事を書いて行く他の方法を今は取って行きたいと思います。

 
新型コロナウィルスはそもそもpm2.5よりも小さく、人の肺胞に完全な状態で入り込むことが可能です。
つまり人毛よりも小さなウィルスが、pm2.5に着実に付着しながら空気中を長時間生きたまま浮遊し、その間に地上の生き物(主にカラス、野良猫、鳩やネズミ等)に容易に移動し、宿主を感染させて行きます。

 

最近の新型コロナウィルスの観戦者の半数以上が「感染経路不明」と言われていますが、そんなことはありません。
感染経路はまさに私達の身近に常に在り、空気感染と動物感染、地中感染(排水溝やマンホール、地下水、地下道等の生温かく不潔な場所を介した感染経路を持つ)等、気付いていた人たちも若干居たとは思いますが、何故かそれを地上波等の情報番組で報道出来ない闇の圧力があったのではないかと私は察知しています。
 

新型コロナウィルスはあたかも飛沫感染さえ免れれば感染から逃れられるかのように言われていますが、それは妄想です。
既に私達の身の上に、空気と霧のようにウィルスが在ります。

 
ですので仮に換気を頻繁に行ったところで、それはウィルスの濃度を若干薄めることに成功しているだけであり、感染リスクを換気によって防ぐことは最早不可能に近い状態と言えるでしょう。

 

③サイレントコロナからブラックコロナへの変貌

https://note.com/didiermerah/n/nf507a4c08086

 
先に私は上の記事を、一ヶ月前に綴っています。ここには新型コロナウィルスが人間の様々な細胞や血中に入り込み、これまでにはない感染拡大を生み出している条件や状況について書いています。

ですがサイレントコロナは既にこの記事の状況を通過し、最早これまでの新型コロナウィルスとは知られぬようにして感染爆発を起こすベーシックを完成させた‥ と、自然神カール氏は語ります。

そこにはウィルスが意思を持って進化しているのではないかと思わせるような、驚きの進化形態が見られます。

 
初期の新型コロナウィルスは宿主の内臓(主に肺)に急激な炎症を発生させ、肺炎を発症させ死に至らしめるやり方で感染経路を確保していました。

 
次に発生したサイレントコロナ(これはカール氏が語った造語です)では、肺炎以外の症状、例えば認知症、風邪を呈した発熱や軽い嘔吐、頭痛、手足の痺れ等を発生させ、PCR検査でも陽性を出さぬようにして患者となる宿主を一定期間生存させながら新たな感染経路を開拓する方法を取りながら、多くの宿主に感染の飛び火を企んでいました。

 
さて、ここからもっと恐れなければならない状況へと、新型コロナウィルスは変貌を遂げ続けています。

それはウィルスの形状を全く消し去り、PCR判定に乗らないブラックウィルス(シャドウウィルス)への変貌です。カール氏はこの数か月間のウィルスは新種の新型コロナウィルス、つまり「ブラック・コロナウィルス」と命名してそう呼んでいます。

 
 

 
 
ブラックコロナ・ウィルスの何が危険かと言えば、おそらくそれが新型コロナウィルスだと判定させない点、同時に感染者であると言う認定を免れる形状に化けて宿主の体内に深く、長時間滞在し続けることだと言えるでしょう。

症状は様々であり、最近聴こえて来るのは主に認知症と動機、めまい、それに加え若年層の記憶障害‥ と、一見新型コロナウィルスの症状とはかけ離れている為、最初のPCR検査の必要性を免れてしまうのです。
つまり既に一般病棟に、一般の病気の患者として多くの同類の患者が素知らぬ顔で病床に潜り込んでいると言ってもよいでしょう。

そこから他の患者や医療関係者への感染拡大が起きており、おそらく病院の空気サンプルだけを取ってもかなりの新型コロナウィルスのサンプルを取得出来ると私は見ていますが、今のところそのような検証に踏み切った団体があったと言う話を私は耳にしていません。

 
来年に東京オリンピックを控えた現在の日本の国内から「新型コロナウィルス ⇨ 空気感染 ⇨ 動物感染」等と言うワードが出たら、おそらく日本の経済が破綻するでしょう。
むしろ私は東京オリンピック2020等無くなれば好いと思っていますが、そうはさせまいと経◯連等がメディアや医療関係者の発言等に圧力を掛けていると考えるのが妥当な線かもしれません。

 

④自然神等の計画 – 人口削減

一方自然神の面々は、この人間たちの体たらくに対し落胆しています。何よりこのままでは地球と言う惑星の環境自体を維持することがひじょうに難しい状態になっており、神々の計画では「現在の人口の半分まで地球の人口を減らす」ことが盛り込まれているようです。

その為には先ずありとあらゆる手を尽くし、人類から快楽の権利、生存と労働の権利をはく奪することを最優先とし、なるべく残忍な経過を辿ることなく自然死の状態で多くの人間を別の場所へと誘導する方法が現在はそのまま継続して採用されていると、私は聞いています。

 
生き残るべきは、強い人。それは力や腕力ではなく、危機意識と明晰な思考回路を持つ人を指します。

つまり空気を利用して拡散し、宿主に感染したことに気付かせぬように種(ウィルス)を繁栄させようとするウィルスにいかに要領よく、賢く立ち向かい、新型コロナウィルスの網を潜り抜けて生き延びて行けるか‥。
最早自然神の面々にとってみれば、さながら人と人との闘牛を観戦するような面持ちで、この地上の現状を自然神等は静かに見守っているのが現状です。

 
つい最近まで人間が平然とそうした娯楽を楽しんでいたように、自然神等は自ら人間をターゲットにした同じ状況をクールに静観していると言っても好いでしょう。

 
これからは失業者に加え、自殺者が急増するであろうと言われています。ですが自然神等から見れば、この世界、この地球の為に生きようとはしない人間共を生かしておくことの方が害悪であり、そこに少しだけ手を貸して人々が人体と言う乗り物を痛みをともなわない状態で脱ぎ捨てて行く為の手助けを、彼等はしているに過ぎません。

偽善者も、虚言癖も、そして物欲飽き足らぬ人達もここでゴッソリ削り取られて行くに違いありません。
この星に真実の善意と利他的な言動を行い、その善意を行動を継続しながら新しい文明を全力で模索し、その発展に貢献しようとする人々だけが、先ず生き残る権利を得ることになります。

なので、レジャーが好きな、自分にとって好都合な言動を行う人だけを仲間と認識するような、そういう種の人々がここで一斉に淘汰されると私は思っています。

 

⑤あとがき

まぁ、こんなことを全体公開で配信することには私の「人として」の善意がちくちくと痛むわけですが、私はやはりこの星の環境と文明の両方を今以上の精度で継続・温存させたいと願う種の人間なので、痛みを通過してこの星の治療と言う観点でこの記事を先ず書き上げたいと思いました。

なので「文中に多々お目障りな文言がありましたことを、お詫び申し上げます。」‥ 等と言う付け添えは一切せずに、この記事を〆たいと思います。

 
又、どのような方法を用いれば「利己主義」から「利他主義」にシフト出来るのか‥ と悩んでおられる方々へ、私・Didier Merahの多数の音楽の中にその鍵を散りばめてありますので、是非サブスクリプションからで構わないので私の作品をゆっくりと、静かな部屋で聴いてみて下さい。

きっと作品を聴く前と聴いた後では、あなたの意識が大きく変わっているに違いありません。
己を先ず一旦手放し、地球と言う星に今あなたがたが在ることの意味について、一度で良いので考えてみる切っ掛けになれば幸いです。

 

本来この記事は有料にて配信する予定でしたが、この凄まじい地球の状況を見た自然神からの要望を受け、無料配信に踏み切りました。
是非、noteからサポートから適切な金額での応援を、よろしくお願い致します。

医療費ないしは、日々の食材や音楽活動の活動資金に充当させて頂きたいと思います。