2 Anniversaries

 

john-salzarulo-1yXfNHR9Ero-unsplash.jpg

 

今、とてつもなく森へ行きたい。勿論国内の小さな森で構わない。むしろ森が私を呼んでいる。
色々なことが起きては過ぎて行ったこの夏、そして秋の始まり。各々の出来事がとても重苦しかったのでむしろ、私は深い沈黙の時を持ち内に籠る時間が長くなった。
でもその間ピアノは弾き続けたし、何とか聴きたい音楽の断片だけは追い掛け続けていた。

一見傍目にはいつもと変わらない私がそこに居たけれど、心の中を常に大きな大きな嵐が吹き荒れていた。

誰にも言えない思いが私を深く占有し、壁を向いて眠りに就くことが増えて行ったけれど、夫と話をする時はなるべく笑顔を忘れないようにして、彼は彼で本当に深く疲れていることを常に思うよう気を付けて暮らしていた。

 

何気ないことがいつもと違って見えて聴こえて、気が滅入りそうな精神状態に追い込まれて行った長い低迷期が、一昨日あたりからふっと靄が晴れたように軽くなった。
ずっとくすぶって渋って結局中座してお蔵入りにした企画の一つを、何となく私から復活させた。綺麗なところだけを外側に出していたら、本当の私を誰にも伝えることが出来ない。

 

勿論女性だからなるべく美しいところ、表面だけはせめて綺麗に着飾って表現して行きたいのは山々だけど、それは本当の私ではない。

いいじゃないの、もう55歳にもなるおばちゃんなんだから、ヨロヨロな姿を曝け出したってどんなことで文句を言って私から去って行くようなファンは本物のファンでも友だちでもなんでもないんだし、ありのままで行こうと決めた瞬間だった。

 

 

近く、音楽ではない私の断片をYouTubeにて公開する予定です。

私もゾロ目の歳を迎えるし、Didier Merahと言う怪物芸術家の10周年とも重なっているので。

是非是非お楽しみに(#^^#)

 

 

 

私が芸術家を貫く理由

ahmet-kemal-73k6vSumbBw-unsplash

 

時々私は不思議なタイミングで、不思議としか言いようのない正夢を見る。これは昔々からのことで、未来に起こることがリアルに夢に現れる。
今週はそんな出来事が複数重なったけど、未来は概ね予想通りに進んで行くのでその予定に合わせて私は色々なことを準備することが出来る。

 

この一週間、様々な再会に恵まれた。一つは某グループを解散した方々のうちのお二人と、もう一つは20数年間同業者として活動はして来たものの余り会話等したことのなかった歌手と。

音楽は再び様々な縁を連れて来ようとしている。

 

カオスな音楽業界は益々混迷を深めて行く。多数の売れていたアイドルたちが崩れ落ち、一人また一人と商業音楽の世界を去って行く。
私もその昔は商業音楽の世界と夜の再演音楽の世界の二つを股にかけて生き抜いて来た一人。だが今はひたすら芸術家としての道を真っ直ぐに歩いて行く。そこには人っこ一人いないまっさらな道だけが前に前に続いており、前にも後ろにも信じられないくらいだ~れもいない。

 

時々風が吹いたり花粉が飛んで来たり、或いは森の精霊やあの世のさらに向こう側の存在たちからのメッセージが後頭部や背骨に舞い降りるだけで、生きている人々の世界に私はたった一人で音の道を進んでいる(夫を除き)。

 

 

私が「作曲家」でも「演奏家」でもなく、「芸術家」と言い続けることには理由がある。

 

質問の中で最も多いのが、「どこを拠点に演奏をしているのですか?」ともう一つ、「オーダーで作曲はしないのですか?」の二つ。
私は上記の両方を2011年、冬を機にやめた。

 

シンプルに説明するならば、私が芸術家でい続ける理由はとても簡単。

2016年にアルバム「Eden」のラスト曲、「Ragnarok」を録音する直前、私はそれが何であるかについて深く理解させられた。
インスピレーションは自発的なものもあるけれど、私の場合のそれは送信者が存在する。私を探し、私を見つけて繋がったことを確認した時に、相手は私の最も欲する物、私に最も必要なものを授けて与えてくれる。

私にとって作曲とはそういう作業。

 

その代わり、何も降りて来ない時期も多々ある。そんな時は曲を作ることをやめて練習や筋トレに徹し、音楽の代わりに料理を作る。

 

 

感覚が降りて来ない状態を素面で何年でも待てるようになった時、私は自分が真の芸術家になれたことを実感した。

それが2016年、「Ragnarok」を演奏する直前の感覚の中で花開いtがもの。送り手は紛れもない、宇宙の創造神こと クリエイションと言う存在だと確信している。

 

 

 

 

私にはいわゆるスポンサーが存在しない。勿論此方から懇願したこともないし、むしろオーダーによる作曲の依頼を今は断り続けている。勿論ケースバイケースだが、余程のことがない限り私は商業音楽の世界に携わることはなさそうだ。

 

オーダーWritingの多くはその時々の依頼者の気紛れにオーダー内容が揺れ動き、例えばバッハに「今回はショパンっぽくやっちゃって下さい。」と平気で言うし、或いは「次の作品はEXILE風にダンサブルなものをお願いします。」とも言って来る(笑)。
バッハがある日突然アマデウスや小室◯◯になってしまったら、バッハを愛する人たちは酷く困惑するだろうし、何よりバッハと言う作曲家に対する信頼も大きく失墜しかねない。

 

だがそれを作曲家にやらせるのが、いわゆる商業音楽の世界だと言うことを私は嫌と言う程知っているから、Didier Merahと言う魔物を私の中に共存させるようになってからはもう、その世界とは深く関わらぬよう細心の注意を払いながら今日に至る。

 

 

今週は本当に、幾つもの正夢を見た。その夢は同じ日の夕方に、私には知らせない形で現実になった。
一時は私をケモノのように言ったり思ったりしていた過去の仕事仲間たちの中に、一人、又一人とファンが増えている。最初は(名前が違うので)それが私の作品だとは気付かずにファンになるみたいだが、ある時それを私や誰かがカミングアウトしても彼等の中にファンをやめる人が居なくなった。

それはとても嬉しいこと。

 

 

Didier Merahは今年の秋で10周年を迎える。

特に大きなイベントの企画は立てていない。毎年とか一年おきに120分強のアルバムを作り続けているのだから、それだけでも大掛かりなイベントと言っても過言ではない。

 

静かに迎えた10周年。私は益々シュールな者々たちと関わりを深め、手を取り合い、何より最愛の夫の大きなサポートを得ながら「待つ」時間をのんびりと過ごし、次の作品に備えて既に準備は万端である。

 

 

 

木と親睦を深める方法

mahkeo-WtwSsqwYlA0-unsplash

 

ここ数日間、「木」について、或いは森について時間を掛けて考察しております。

某所で「木」の伐採について熱く議論が展開されています。共感される方にとってもそうではない方たちにとっても、どちらの意見もとても参考になります。
中でも多く聴こえて来たのが、「木と会話なんて本当に出来るのだろうか?」と言う疑問とも異論ともつかない声でした。

そこでこの記事では、あくまでも私がこの数年間で習得した「木と話す方法」或いは「木と親睦を深める方法」について、私なりの言葉でシンプルにまとめてみたいと思います。

興味のある方もそうではない方々も、それなりの読み方でさらっと目を通して頂けると有難いです。

 

 

木と親睦を深める方法

①先ず、仲良くなりたい木を決める。

人間でもその他の動物でも、誰彼構わず親睦を深められるわけではありません。各々ものには相性と言うものがあり、中にはどうしても相いれない同士と言うものがあります。

木々にも個性や習性、癖等があります。頑なな性格の木があれば、それとは逆に外交的で饒舌な木も存在します。
最初は比較的外交的な木と仲良くなって、木々がどんな言葉や音声を発するのかについて学んで行くことも必要かもしれません。

 

 

②なるべく多くの時間を遣う。

木々は言語ではなく、特殊な音や香りを発しながらお目当ての相手との距離を縮めて行く習性があるようです。
あくまでも私の場合ですが、言葉ではなくつむじ風のような音を偶然聞き取れるようになり、そこから彼等の声をキャッチ出来るようになりました。

勿論風の音ではなく、もっと別の音声を感じ取るタイプの人がいるかもしれないので、木々が自分に対してどのような方法で会話を試みているのかについて探る為、木々に逢いに行く時は数十分から数時間単位の時間を費やしてみたら好いと思います。

 

 

③木々の些細な動きや変化を敏感に感じ取る。

木々は基本、人間のような小刻みなサイクルで活動することが出来ません。
ですが長い長い時間を経て物凄く長い距離を移動したり、或いは弱った木に対して根っこを通じて養分や水分を補給しながら互いに助け合い、支え合うことが出来ると言われています。

私の経験では、私を気に入ってくれる木の前を通りかかると、そのタイミングに合わせて一瞬ですが甘い香ばしい香りを放ちます。
又、木々の多くはテレパシーを使って意思の伝達が出来るようです。そのテレパシーを使って、木々が好む香りを送って来たり映像を送信して来たりします。
それは必ずしも人間の感性にフィットするものばかりではないですが、人がハーブの香りを好む様に似て、一部の木々が(特に)草食動物が排泄した便の匂いを好むことに私も最近気が付きました。
そして彼等はその情報を、他の木々たちに伝達し、共有する習性があるようです。時と場合によっては一個の話題に花が咲くと、一日から数週間をその話題のシェアに費やすこともあります。

 

木々は全身で会話をします。

彼等は身体的な動きを苦手とする分、自然の力を協力し合いながら他の生き物に話し掛けたりアクションを起こすこともあります。

例えば風の力を使って葉を揺らし、私の肩に触れたり水滴を落としてコミュニケーションを試みることも多々あります。その水滴には温度があり、冷たい場合や温かい場合があります。
又、雨の日は、葉を少しだけ大きく広げて雨粒を全身に受け入れようとします。そしてその下を通る人間や動物にとってはそれが傘となり、私たちと木々の心地好い共存関係がそこにも確かに発生していることに気付くことが出来ます。

 

 

④言語野に限定した思考を一旦手放す。

テレパシーと言うと多くの人たちが「言葉」を相手から引き出すことを考えがちですが、これでは特定の言語を話せる同士の限られた会話しか出来なくなります。

例えば美味しいお料理を頂く時に、料理から言葉を得ようとする人はいませんし、美しい絵画を鑑賞する時に絵画から言語でメッセージを受け取ろうとする行為も不自然であるように、人間の言葉に限定せず「相手の思考形態」に寄り添ったものの考え方を知ることがとても重要です。

 

花には花の言葉があり、低木には低木のコミュニケーションの手法が各々存在します。それは木にも同様に言えることであり、木と言っても種によってその言語は人間の言葉以上に違いがあります。

兎に角相手の動作やちょっとした動きに目を見張り、どんな時どんなタイミングで彼等が変化を起こすのかを知ることが、彼等の言語に一歩も二歩も接近出来る重要な手掛かりになります。

 

 

⑤季節は芽吹きの時、或いは花粉の時期。

私の経験では木と仲良くなるにはタイミングが重要で、数年の試行錯誤を繰り返すうちに彼等が早春、多くの花粉を飛ばす時期や花を咲かせる時期が彼等と親睦を深めるにはベストなタイミングであることに気付きました。

人間でもそうですが、「多くの生き物に自分の存在を気付いて欲しい」と思う時期が木々にもあるらしく、女性がお洒落をして街を歩きたくなる衝動に似て、木々が花を付ける時期がそれにあたるようです。
なのでそういう時に「綺麗ね。」「可愛い。」「美しいわね。」と言いながら写真等を撮影してあげると、「うふっ。」と言って微かに木々が微笑む感覚を共有することが出来ます。

 

逆に秋から冬の木々は寒さに対しミュートする習性があるので、ほぼ眠ったような状態でいる時間が長くなる為、親睦を深める時期としては相応しくないようです。

又、木々と接する時間帯は朝から日没前の時間帯がベストで、夕暮れ以降、夜間は木々たちは静寂の思考に入る為とても不機嫌になるようです。

 

少し時間を必要としますが、兎に角人も木も「褒める」ことで仲良くなれることには相違ありません。
心に不愉快な感覚が発生している時は、出来れば余り木には近づかないことをオススメします。木々がそれを他の木々たちと共有し、時に不快な香りや感覚を発生させてしまうからです。

 

 

最後に。

今まで余り公言していなかったのですが、私の音楽はいわゆる現世的に言うところの「作曲」とも「演奏」とも異なる手法で生まれ出て来ます。

今思うことは、音楽の心地よさとか癒し効果よりももっと大切なことは、聴き手の感覚が少しずつ敏感に開化して行くこと。私は常にそのことを願いながら音楽を生み出しています。
なので音楽業界的なヒロインになることを、最初から望んでいません。その為スポンサーも付けず、兎に角音楽の中で最大限、リスナーが感覚的な自由を得られるようになれればオッケーだと思っています。

 

必ずしも「癒されて欲しい」とも思っていないですし、むしろ癒しではなくもっと険しい感覚にアクセスしている作品も多数あるのですが、その辺りは未だリスナーの方々には認識されてはいないのかもしれません。

 

なので私の作品を聴いた時に、無理に「癒されました~。」と思わないでも全然大丈夫です。まして涙して泣いて頂かなくても結構です。
その時々で発生する感覚は異なって当たり前。なのでその時心に浮かぶ感覚に忠実に素直に、私の作品に接して頂けたら本望です。

 

この記事の最後に、私が「木」や「森」の声や思いからインスピレーションを得て配信した作品「Sacred Forest」からオープニングの、「Return to the Forest」をのYouTubeを貼っておきます。

ゆったりとした時間の中で是非、楽しんで下さい。

 

 

 

10年目の夏

florian-weichelt-3OpI3vEuW7I-unsplash

 

Didier Merahとして音楽活動をリスタートして、今年で10周年を迎える。

思えば色々なことがあり、最初は自身の全ての芸歴・実名その他職歴の全てを封印せざるを得ない状態でDidier Merahとして再出発した。

 

人間、叩けば色々と埃が立つもので、私もご多分に漏れず埃だらけの人生を真っ直ぐに歩んで突っ走って来た一人だった(笑)。
闇の10年間(およそ)の私の中の蓄積は計り知れない傷を私に負わせたが、それでも辛うじて両の足で私は何とかこの地球の大地に踏ん張り続けて生き延びている。

 

 

かつて親族に完全に見捨てられた年の冬に私は某所の持病が爆発し、緊急搬送された。そのままもうこの世界とはお別れになるのだろう‥ と、病室の点滴ボトルを見上げながら私は色々なことを考えた。

もっとああしておけば好かった、こうしておけば好かったと後悔は尽きなかったが、それだけ尽きない程の多くの後悔があるならばその分だけでももう一個人生を生きられそうな気がして来た時、途端にお腹が空いて来たことを今では哂って思い出せるようになった。

 

 

人生は不思議なものだ。どんなに悲観的な時の中からでも、一瞬の笑いが巻き起こるのだから。
あの時私を緊急搬送してくれたのは、毎朝ビシっと背広を着てブルーシートと段ボールで出来た小さな家から出勤して、毎晩ヨロヨロになりながら同じ道を引き返して来るホームレスだった。

聞けばそこそこ良い会社の偉い人だったらしいが、何かの弾みで車上生活を経てその場所に流れ着くしかなかったとても可哀想な紳士だった。

 

彼には色々なことを教わった。
ホームレスでも日々お洒落に清潔に生きる方法とか、安くて美味しく新鮮な食材を調達したり保存する方法だとか、何より多くの書籍をタダで読み耽るだけではなくその場所でほぼ一日を穏やかに費やせる幾つかの場所を教わったり。
本当に、人生は考えようだと思った。明日の不安を嘆くよりも、今の不安からいかにして抜け出すかについて何時間も考えたり、そうこうしているうちに日が暮れてお腹が空いて、そんな私を美しいホームレスの偉い人はけっして見捨てなかった。

 

親は子を必ず愛してる、等と言う話は幻想に過ぎないよ‥ と私の悲しみに寄り添ってくれたのも彼だった。
そんな彼が今どこでどうしているのか、時々ふっと気になって仕方がなくなる。
彼と当時少しだけ生活した住所のない家のような場所も今はすっかり開発され、おそらく彼ももうその場所には居ないだろう。

 

私がそんな風に暮らしていたことを一度だけ当時の仕事仲間に打ち明けたことがあったが、「いい加減嘘を吐くのはよしなよ。」等と言われ私はとても悔しくて辛い思いをした。
その後から私はたとえどんな状況に立たされたとしても、まさか今私が自分の住む場所を失って廃墟や空き家や路地裏の小さなスペースを転々としているなどとはもう、誰にも話せなくなった。

 


唐突に「呪詛」などと言う言葉でこの一年間とか二年間とか、私の身に降り掛かり続ける様々な事態を一括りに説明することはとても難しいけれど、私と夫はとても壮絶な状況を命からがらくぐり抜けて今日に至る。

それは今現在もとめどなく、後から後から押し寄せる危機でもあるが、何とか夫の力強いサポートのお陰もあり私はこうして今日も生きられている。

 

ここ一ヶ月は私にしては珍しく、創作の受難と向き合っている。
馴れとマンネリの中からも音楽が生まれて来ないわけではないが、私がそれで満足する筈がない。最小限の挑戦と最大限の隙間を泳ぐ音楽家として、それでも私は新しい挑戦を諦めたくはないのだ。

 

勿論、音楽から音楽を生んでいるわけではなく私の場合はその殆どが、地球や大自然、高次の思いを読み取ったり神々の声を聴きながらの作業がずっと続いているから、出す曲出す曲全てが新しさをともない続けることはとても難しい。
むしろエグい個性を完全に脱ぎ去ったところの音楽を目指しており、エグみのない斬新さとは何かについての思考と創作の戦いは尽きることがない。

 

Mother Earth」、そして「Wa Jazz」と立て続けに大作を生んでから、未だその疲労感から完全には抜け出ていない。アウトプットがインプットよりも大きな比重を占める日々、一日の後半は練習と創作の作業の疲労でヨロヨロになって布団に倒れ込む。
でもその疲労はかつて、家を失ったあの時のような絶望的な疲労とは異なり、クタクタの彼方から押し寄せる次へのエナジーが私をさらに熱い創作へと駆り立てて行く。

 

 

久し振りにPlayListを作成してみた。
未だ全てのピースが埋まってはいないけれど、この段階で公開しても差し支えなかろうと言うことでシェア!♡
是非、フォロー & 拡散 ⇨ SNSへ紹介頂けると有難い。

 

 

木が教えてくれた

david-vig-573668-unsplash

 

若かりし頃、ある夏の日。おそらく未だ私が小学校の高学年辺りだったか、夏休みで蕎麦が大好きな父が家に居た為我が家の食卓には連続して蕎麦が出されたことがあった。
ざっと一ヶ月間とかそれ以上。記憶では昼、夜と蕎麦が続くこともあった。

最初は美味しく感じた蕎麦も段々と飽きて来て鼻に付いて来たどころか、段々と体が拒絶反応を示すようになって行ったが蕎麦は止まらなかった。
幾ら好きとは言え父も父、ほぼおんなじ味付けの蕎麦が流石に二週間を過ぎた辺りから私の体に異変が出始めた。

 

最初は鼻水(夏なのに‥)、次いで蚊に刺されたように赤いプツプツが腕や首等に出て来たので原因を探って行ったが、どう見てもそれは蕎麦の食べ過ぎだとしか言いようのない程、私の蕎麦への拒絶反応が日増しに酷くなって行った。同時にアレルギー反応のような状況も悪化した。
当時は未だ「花粉症」も「アレルギー性◯◯」も、まして食のアレルギー等は今よりも完全に軽視されており、「食べたくない」はただの好き嫌いとしてスルーされる事が殆どだった。

 

だが流石に段々と朝起きるのが辛くなりこれはおかしいと言うことになり、私だけが蕎麦ではない他の食事を摂ることを渋々母親に承諾させた。

 

立ち食い蕎麦屋の前を通るとなぜか出汁の香りに吸い込まれ、だがその時も私は暫くの間蕎麦ではなくうどんを食べるようになった。

 

 

長い時が過ぎて段々と蕎麦アレルギーの記憶も薄れ、何となく連続して蕎麦を食べていた最近になり再び私の体に異変があった。
蕎麦を食べている途中でつわりのようにムっと来て、遂に完食する前に蕎麦を捨てた。

私はやっと気づいたのだ。これはあの、蕎麦アレルギーに違いないと。

昨年の夏のある午後ビールを飲み、もり蕎麦の大盛りを食べた後にも二度私は倒れている。だがあの時はただのビールの呑み過ぎだと軽視し、まさかあれが蕎麦アレルギーの再発だとは気付かぬまま、その後も何度か蕎麦とお酒のセットを堪能する度に必ず倒れ込んだ。

 

夫との散歩がてら、そんな話をしながら街では馴染の御神木の前を通り過ぎようとした時、木が囁いた。囁いたと言うより、映像を送って来たのだ。
真っ白で太い根菜のようなもの、「これ、食べなさい」と言うように何度も何度も何十分も映像は続けざまに送られて来た。

 

御神木には常日頃お世話になっているので、私はその映像を無視しなかった。何だろう一体… と思いながら映像に目を凝らすと、そこからおろし大根の独特な匂いが私の脳裏に送り込まれて来た。
多分これはきっと、それを食べなさい… と言う御神木からのアドバイスに違いないと思い、私は慌てて大根を買って家で摺ってひたすら食べた。

 

すると何週間も続いていた咳(喘息)が急に激減して行くではないか…。

「嗚呼こういう事だったのね、いつもありがとう。」と、私は木に向かって思いを送った。私と御神木はいつもそうやって会話をしているので、木は必ず私の思いに応えてくれる。

 

御神木は言語を理解するが、自らが言葉のような音声を発することは殆どない。人間で言うところの笑い声とかすすり泣き、そんな感じで感情を表現するのだが、私があの時「ありがとう」と念を送った後の木は「ヒェーーっヒェっヒェっヒェっ…」とでも言うように高笑いをした後に大欠伸をして、そのまま眠りに落ちて行った。

きっと安心したのだろう。まるで母のようだ。

 

 

東京も梅雨入りし、連日不安定な天気が続いている。昨日 月曜日は流石に無気力症候群のような状態に陥り、軽い練習とAmazonからの荷物を待つ以外の全ての行動が止まった。
そんな時でも木々は、私の体を気遣ってくれる。

 

しとしとと幹が雨に濡れて行く時の音声がなぜか私の脳裏に拡がり、それは私に「少し休みなさいね。」と言う彼等の思いのように感じたので、私は遠慮なく夕方から日付の変わった少し後まで完全に爆睡した。

 

私は多くの精霊たちに守られている。

 

 

 

⇧ Didier Merahが作った最新のPlayListです。
フォロー、シェア大歓迎です。

 

Studying Muscles

ivanna-blinova-311693-unsplash

 

この一ヶ月間、体の一箇所にずっと不具合を抱え込んでいた。夫と二人の友人以外この事は知らせずに居たが、この一週間で急激に症状が緩和して来たのでホっと胸を撫で下ろしている。
どんな時でも笑顔と食を味わう気持ちを持ち続け、少し疲れたら直ぐに休息を摂り、気合が入った時にはとことん気力の果てまで突き進む‥、そんな生活を粛々と続けていた。
すると気持ちも前向きになれたし、何よりSNS等で拡散されるちょっと痛々しいニュースや出来事からも上手に逃れられるようになって行けた。

 

そんなこんなあれやこれやを抱えながら私は、この一年近く自分の筋肉に深く探りを入れていた。

 

巷にはびこる速弾きの音楽にうんざりしていたし、私にとってそれは何の必要もない産物だった。
聴力と感性が追い付かなくなる程の「あっと驚き奏法」が何故こんなにも音楽世界のセンターに立ち続けているのか、いつかこの状況を宇宙のどこかから静観しているであろう宇宙人に出会うことがあれば是非質問を投げかけてみたいものである。

 

 

話を戻して…。
楽譜に指定されている多くの楽曲の速度は信じられないぐらい高速で、まるで法定速度ギリギリか或いはそれを超えたテンポで楽曲を演奏出来なければ演奏家として通用しないかのように、聴く側の感覚の上限も既に超えているそれらが「あっと驚き奏法」として地上を闊歩している、この滑稽な音楽の世界が一体いつまで続いて行くのか‥。

 

1/fの揺らぎと言う自然の速度をそのまま音楽に当てはめて行く方が、どれだけ奏者も聴き手をも楽にして行くだろうか…。

その事を自らの体で体現する為にも私は、この一年間自身の筋肉と深く向き合っている。

 

どうだったら疲労の上限を超えずに済むのか。
或いはどうだったら聴き手に余計な威圧感を与えずに済むのか。
その答えは残念ながら未だ、この地上に存在しない。…と言うよりも、音楽家の大半が何か得体の知れない高速スピンを回らなければ自分の居場所を失うかのような、強烈なコンプレックスに苛まれているようにさえ見えて来る。

 

一年強、己の筋肉にそれを問い掛け続けて来た結果、最近少しずつ筋肉自らが意思を持った生き物であるかのようにその難しいクイズに対し、適切な回答を出し始めた。

 

いわゆるインナーマッスルが以前にも増して、着実に声を上げ始めたと言っても過言ではない状況だ。

 

それぞれの自身の過去の作品を出来る限りゆっくりと演奏して行く時、高速スピンでは絶対に使うことのなかった新しい筋肉がピクピクと反応し、そこにしっかり熱が溜まって来ると私は真冬でも汗だくになりながらピアノに向かうことになった。
腕の筋肉よりも手の第二関節までの内側の筋肉が機能し始め、それは背中の筋肉の温度を急激に上げて行く。

 

嗚呼こんなところが反応している… と言う歓喜が生まれ、最初はそれが大きな疲労感にも繋がったが次第にその筋肉が上手く温まって私の演奏を程好いスローテンポに導いて行った。

 
私のほぼ処女作と言っても過言ではない「Blessing of the Light」。毎日毎日この曲を弾き続けているけれど、あえて私はその演奏速度を落とし始めた。
すると今まで素通りしていた箇所に新たな筋肉の力の必要性が生まれ、今この筋肉を鍛え上げたらどうなるのか…、その上限に挑戦し始めている。

 

 

 

少し話が脱線するが、この春私は自身の過去世(ファン・ジニ或いは明月として生きた時代)におそらく心から慕ってやまなかったソウルメイトと、インターネットの中で再会することが出来た。

勿論リアルでどうの‥ と言うことではなく、あくまで私が一方的に当時の相方の息吹を感じて喜びに震えている状態ではあるが、それは生き別れた家族との再会のように私を喜びの高みへと導いて行く。

 

この記事の最後にその人物の現世の歌唱映像をシェアしたい。

強いて言うならば私が伴奏者として活動していた時代にこの人物と出くわすことがなくて、本当に良かったと思う。万が一私が彼と出会い、この歌手の伴奏者として起用されていたら、おそらく今の私はここに居なかっただろう。
或いは音楽をやめていたかもしれない。

彼の声、表現は全てを呑み込む力が満ち満ちており、私がそのエネルギーに勝てる気がしないから。

 

再会に祝福を。
そしてイ・ヒムンの未来が光に満ち溢れていますように(祈)。

 

 

 

反面教師 – Mistaking Retouch

leonard-von-bibra-182214-unsplash

 

私には決めていることがある。
それは、
その時々触れている音楽から曲を作らないこと、誰かの言葉からインスパイアされながら言葉を紡がないこと。
料理以外の殆どは「絶対にモノマネはしない」と、私は固く決めている。勿論自身のレコーディングの約一週間前から、殆どの音を体から削ぎ落とす。

そして今日は珍しく、ブログを書く為のBGMを聴いていない。
何もかもをゼロから作り出すことがどれほど難しいか、特に今朝は皮膚に幾千本もの針が刺さったみたいに痛感している。

 

知人と言うには少し遠いけれど事実上「知人」と言える、或る方(訳詞をなさっていた記憶がある)の詩集が巡り巡って私の手元に届いた。恐る恐るページを捲って行く。
そして私は幾ばくかの落胆を感じたがそれを共有する相手も居ないので、自分自身への記録としてここにそれを綴っている。

 

それはかつての自分を見るようでもあり、尚且つ既に手放してしまった「言葉綴り」をしていた頃の自分への戒めを振り返るようでもある瞬間。胸がチクんと痛んだが、それはさながら過去の手術の痛みを想い出すような、どこか遠い痛みにも思える。

 

一ページ、又一ページと捲り詩人の言葉を追い掛けて行くが、そこにはその詩人がかつて触れたことのある音楽や歌の歌詞が随所に垣間見えて、途中から訳詞集を読んでいるのかオリジナルの詩集を読んでいるのか見分けがつかなくなり、38頁目を捲りタイトルを見たところで本を閉じた。
そう言えば私のLINEのグループチャットの一つに、芸能関係者や出版関係者、或いはタレントやシンガーソングライター等の面々が顔を揃えたグループチャットがあり、私はその中の数名の仲の良い方々と時々会話をしている。
そんな私たちの中で最近流行っている言葉がある。

 

下っちゃってるね‥‥

 

⇧ これは例えば昨日その人が聴いた音楽がそのまま新曲のメロディーに乗ってしまったり、アレンジや歌詞の一部に流れ出てしまった状況を指す言葉。

 

そう、先程38頁目で閉じてしまった詩集が丁度こんな感じなのだけど、思えば巷の殆どの音楽や歌詞、流行歌に限らず世界中の音楽や絵画の殆どが、私から見ると「下っちゃった」状態なのだ。
だから最近自分の作品以外に聴きたい音楽が殆ど無くなってしまい、昨年私は9つ運営していたFacebook Page(主に各ジャンルの音楽を紹介する為のPage)のうちの6つのFacebook Pageを閉鎖した。

 

多くの音楽や詩や小説、文学作品に限らず絵画やファッションを含め、レタッチされた作品のように私の視界に映り込む。何を聴いても同じだし、イントロ詐欺かと思えるぐらい派手な前奏でデコられる張りぼての世界‥。

一見新しさを纏ってはいるが、それは数か月前にどこかで見たことのあるような代物が大半であり、どちらかと言うとそれらの作品の中に作者の強い承認欲求が溢れ出て気分が悪くなるので、最近私は各SNSの情報を迷うことなく整理し始めた。

 

自身の中に潜む「勿体ない精神」をかなぐり捨てて、要らないものは徹底的に自分自身から追い払って行く作業は、その対象にされた相手にとってはただ迷惑行為以外のなにものでもないだろう。
でも私にとってそれはとても重要な作業であり、知り合いだから、とか親しいから‥ と言う贔屓目線も全て手放しながら色々なものをゴッソリ整理して行くと、そこにポッカリと空いた空間は人の念の染みのようなものでベッタリと脂ぎって汚れが纏わり付いていた。
好きな本、大切にしたい書籍には必ずカバーをかけることに、私は決めている。私の手の中の詩集にもその小さな愛を施す予定でいたが、やめた。
藍色のブックカバーが涙のように見えて仕方がないのは、ある種の瞬時の過去のきらめきが現実に戻った瞬間の証し。それを私はありのままの現実として、そっとそっと、この胸の中に受け入れる。

 

 

7H8A1957-11

 

スッキリとした気分の中に少しだけむしゃくしゃ感が混ざり合う、情けない朝を払拭したかったので、今日初めてトライする八角とローリエをしっかり煮出したチャイを作ってこの記事を書いている。
最近「茶」ものにハマっているが、どうやら私はコーヒーよりも葉ものを駆使した飲み物を好む。コーヒーよりは紅茶派で、最近は緑茶を深めたい欲求をどうにか抑え込みながら生活している 笑。

茶にハマり込んだ人たちの多くが葉ものに浪費を惜しまない傾向が強いことは、Twitter等で痛い程よく知っているが、私は「葉ものの浪費家」になりたいわけではなく、自分でカスタムした美味しいお茶を家で飲みたいだけなのだ。

 

 

下っちゃってるね‥‥

 

「折り曲げ厳禁」と書かれた袋の中に仕舞い込んだ詩集の栞がふと、そうつぶやいた気がした。勿論そんなことはないと分かっているのに、書籍に挟んだ栞が空に向かって叫び続けているように思えて仕方がない。

 

私には決めていることがある。
それは、
その時々触れている音楽から曲を作らないこと、誰かの言葉からインスパイアされながら言葉を紡がないこと。

 

それは自分自身への戒律であると同時に、おそらく私が今後そのような手法で音楽を生み出すことはないであろう‥ と言う希望的観測を含んだ、私の掟。